このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018116642) 作業車
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/116642 国際出願番号: PCT/JP2017/039350
国際公開日: 28.06.2018 国際出願日: 31.10.2017
IPC:
B62D 61/12 (2006.01) ,B60G 17/015 (2006.01) ,B60G 17/0165 (2006.01)
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
61
車輪の配列または数に特徴のある自動車または付随車であって,他に分類されないもの,例.4つの車輪を菱形に配列したもの
12
数を変更自在の接地車輪を持つもの,例.他の車輪より高所に配設された数個の車輪を持つもの,または出没自在の車輪を持つもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
17
車両または走行路面の状態の変化,例.速度または荷重による,に合わせて,ばねまたは振動緩衝器の特性を調節したり,車両の支持面と振動部との間隔を調整したり,または使用中の懸架装置をロックしたりする手段をもつ弾性的懸架装置
015
電気または電子要素からなる調整手段
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
17
車両または走行路面の状態の変化,例.速度または荷重による,に合わせて,ばねまたは振動緩衝器の特性を調節したり,車両の支持面と振動部との間隔を調整したり,または使用中の懸架装置をロックしたりする手段をもつ弾性的懸架装置
015
電気または電子要素からなる調整手段
016
車両が走行している場合の,特定の動作,特定の状況,または運転者の入力に対する調整手段の反応に特徴のあるもの
0165
外的条件に対するもの,例.未舗装の路面,横風
出願人:
株式会社クボタ KUBOTA CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号 2-47, Shikitsuhigashi 1-chome, Naniwa-ku, Osaka-shi, Osaka 5568601, JP
発明者:
石川淳一 ISHIKAWA Junichi; JP
平岡実 HIRAOKA Minoru; JP
代理人:
特許業務法人R&C R&C IP LAW FIRM; 大阪府大阪市北区中之島三丁目3番3号 3-3, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2016-24993722.12.2016JP
2016-24993822.12.2016JP
発明の名称: (EN) WORKING VEHICLE
(FR) VEHICULE DE TRAVAIL
(JA) 作業車
要約:
(EN) This working vehicle comprises: a vehicle body 1; a plurality of traveling devices 2 located on the left and right side of the vehicle body 1; a plurality of bending link mechanisms 3 for individually supporting, in a vertically movable manner, the traveling devices 2 on the vehicle body; and a drive mechanism 4 capable of individually changing the attitude of the plurality of bending link mechanisms 3. The drive mechanism 4 changes the attitude of the bending link mechanisms 3 while maintaining a state in which the intermediate bending sections 3A of the bending link mechanisms 3 bend toward the intermediate side in the front-rear direction of the vehicle body.
(FR) L'invention concerne un véhicule de travail qui comporte : une carrosserie de véhicule (1) ; une pluralité de dispositifs de déplacement (2) situés sur les côtés gauche et droit de la carrosserie de véhicule (1) ; une pluralité de mécanismes de liaison par flexion (3) permettant de porter individuellement, d'une manière mobile verticalement, les dispositifs de déplacement (2) sur la carrosserie de véhicule ; un mécanisme d'entraînement (4) pouvant modifier individuellement la position de la pluralité de mécanismes de liaison par flexion (3). Le mécanisme d'entraînement (4) modifie la position des mécanismes de liaison par flexion (3) tout en maintenant un état dans lequel les sections de flexion intermédiaires (3A) des mécanismes de liaison par flexion (3) fléchissent en direction du côté intermédiaire dans la direction avant/arrière de la carrosserie de véhicule.
(JA) 作業車は、車両本体1と、車両本体1の左右両側に位置する複数の走行装置2と、夫々の走行装置2を各別に昇降自在に前記車両本体に支持する複数の屈折リンク機構3と、複数の屈折リンク機構3の姿勢を各別に変更可能な駆動機構4とを備え、駆動機構4は、屈折リンク機構3の中間屈折部3Aが車体前後方向中間側に向けて屈折する状態を維持しながら、屈折リンク機構3の姿勢を変更操作する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)