国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018116639) 動力伝達装置

Pub. No.:    WO/2018/116639    International Application No.:    PCT/JP2017/039037
Publication Date: Fri Jun 29 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Oct 31 00:59:59 CET 2017
IPC: F16D 43/12
F16D 43/21
Applicants: EXEDY CORPORATION
株式会社エクセディ
Inventors: KITAZAWA, Hidenori
北澤 秀訓
MANO, Osamu
間野 修
Title: 動力伝達装置
Abstract:
遠心子を用いた押圧機構によってクラッチ部をオンする動力伝達装置において、安価な構成でエンジンを始動させることができるようにする。この装置は、クラッチハウジング(2)と、クラッチハブ(3)及びクラッチセンタ(4)と、クラッチ部(5)と、遠心式押圧機構(7)と、トルク伝達部(9)と、を備えている。遠心式押圧機構(7)は、クラッチハウジング(2)の回転により径方向及び軸方向に移動可能なウェイト部材(71)を有し、ウェイト部材(71)の移動によりクラッチ部(5)を押圧する。クラッチハブ(3)はクラッチ部(5)の出力部に連結され、クラッチセンタ(4)はトランスミッション側の部材に連結される。トルク伝達部(9)は、クラッチハブ(3)とクラッチセンタ(4)との間でトルクを伝達するとともに、クラッチセンタ(4)からクラッチハブ(3)にトルクが伝達される際にクラッチ部(5)に押圧力を付与する。