国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018116577) 投写型表示装置、投写型表示装置の制御方法、投写型表示装置の制御プログラム

Pub. No.:    WO/2018/116577    International Application No.:    PCT/JP2017/036270
Publication Date: Fri Jun 29 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Oct 06 01:59:59 CEST 2017
IPC: E02F 9/26
B60K 35/00
G02B 27/01
Applicants: FUJIFILM CORPORATION
富士フイルム株式会社
Inventors: FUJITA Kodai
藤田 広大
Title: 投写型表示装置、投写型表示装置の制御方法、投写型表示装置の制御プログラム
Abstract:
作業機を有する乗り物による作業効率を向上させることのできる投写型表示装置、投写型表示装置の制御方法、及び、投写型表示装置の制御プログラムを提供する。HUD(100)は、建設機械(1)の位置及び運転室(5)の向きを検出する検出部(61)と、光源から出射される光を、入力される画像情報に基づいて空間変調して得られた画像光を運転室(5)のフロントウインドシールド(11)の投写範囲(11A)に投写して虚像を表示する投写表示部(50)と、光変調部に入力する画像情報を制御して投写表示部(50)により表示させる虚像を制御する表示制御部(63)とを備える。表示制御部(63)は、記憶部(70)に記憶された建設機械(1)の位置、運転室(5)の向き、及び、バケット(4A)の姿勢を指定する作業計画情報と検出部(61)により検出された建設機械(1)の位置及び向きとに基づいて、バケット(4A)を模したバケット虚像を投写表示部(50)に表示させる。