このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018110524) 自動車装備材用半製品の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/110524 国際出願番号: PCT/JP2017/044478
国際公開日: 21.06.2018 国際出願日: 12.12.2017
IPC:
D04H 1/4382 (2012.01) ,B62D 25/20 (2006.01) ,B62D 29/04 (2006.01) ,D01F 8/14 (2006.01) ,D04H 1/46 (2012.01) ,D04H 1/485 (2012.01)
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H
布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1
全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40
凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
42
特定繊維の使用に特徴があり,その使用がフリースの結合に圧倒的な影響をおよぼさない範囲のもの
4382
高分子配列体,複合繊維,混合繊維,極細繊維,人工皮革のための繊維
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
25
上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
20
床または底部の構成体
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
29
それの材質に特徴のある上部構造
04
主として合成材によるもの(プラスチックまたは可塑状態の物質の加工B29)
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
8
複合,例.二または多成分の,人造フィラメントまたはその類似物;その製造
04
合成重合体からのもの
14
ポリエステルを少なくとも一成分とするもの
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H
布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1
全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40
凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
44
フリースまたは層を機械的手段で結合させるもの,例.ローラ処理によるもの
46
繊維にからみ合いを生じさせるニードリングまたは類似の操作によるもの
D 繊維;紙
04
組みひも;レース編み;メリヤス編成;縁とり;不織布
H
布帛(はく)の製造,例.繊維またはフィラメント状材料から;そのような方法または装置で製造された布帛,例.フェルト,不織布;コットンウール;詰め物
1
全部または大部分がステープルファイバまたは類似の比較的短い繊維で構成された不織布
40
凝集性または潜在凝集性を有しない繊維で構成されたフリースまたは層からのもの
44
フリースまたは層を機械的手段で結合させるもの,例.ローラ処理によるもの
46
繊維にからみ合いを生じさせるニードリングまたは類似の操作によるもの
48
その他の結合手段を少なくとも一種組み合わせたもの
485
溶着との組合せ
出願人:
ユニチカ株式会社 UNITIKA LTD. [JP/JP]; 兵庫県尼崎市東本町1丁目50番地 50, Higashihon-machi 1-chome, Amagasaki-shi, Hyogo 6600824, JP
発明者:
花谷 和俊 HANAYA Kazutoshi; JP
高橋 達 TAKAHASHI Toru; JP
神ノ門 英明 KAMINOKADO Hideaki; JP
赤尾 昌哉 AKAO Masaya; JP
永塚 裕介 NAGATSUKA Yusuke; JP
代理人:
奥村 茂樹 OKUMURA Shigeki; JP
優先権情報:
2016-24115413.12.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING SEMI-PROCESSED PRODUCT FOR AUTOMOBILE EQUIPMENT
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN PRODUIT SEMI-TRAITÉ POUR ÉQUIPEMENT AUTOMOBILE
(JA) 自動車装備材用半製品の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for manufacturing a semi-processed product for automobile equipment, the semi-processed product being moldable in a comparatively wide range of heating temperatures and being capable of yielding a highly rigid final product. In this method for manufacturing a semi-processed product for automobile equipment, needle punching is performed on a fiber web in which core-in-sheath composite fibers are accumulated, and the core-in-sheath composite fibers are three-dimensionally interlaced together. The core components of the core-in-sheath composite fibers comprise a copolymer of ethylene glycol and terephthalic acid. The sheath components of the core-in-sheath composite fibers comprise a copolymer including ethylene glycol, adipic acid, and terephthalic acid. The weight ratio of core component to sheath component in the core-in-sheath composite fibers is 1-3:1. The core components and sheath components are disposed concentrically. In the fiber web, the core-in-sheath composite fibers are bonded together by softening or melting the sheath components.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'un produit semi-traité pour équipement automobile, le produit semi-traité pouvant être moulé dans une plage relativement large de températures de chauffage et étant apte à produire un produit final hautement rigide. Dans ce procédé de fabrication d'un produit semi-traité pour équipement automobile, une perforation par aiguille est effectuée sur une bande de fibres dans laquelle des fibres composites cœur-gaine sont accumulées, et les fibres composites cœur-gaine sont entrelacées en trois dimensions ensemble. Les composants de cœur des fibres composites cœur-gaine comprennent un copolymère d'éthylène glycol et d'acide téréphtalique. Les composants de gaine des fibres composites cœur-gaine comprennent un copolymère comprenant de l'éthylène glycol, de l'acide adipique et de l'acide téréphtalique. Le rapport pondéral entre le composant de cœur et le composant de gaine dans les fibres composites coeur-gaine est de 1-3 : 1. Les composants de cœur et les composants de gaine sont disposés de manière concentrique. Dans la nappe de fibres, les fibres composites coeur-gaine sont liées ensemble par ramollissement ou fusion des composants de gaine.
(JA) 比較的広い範囲の加熱温度で成型でき、しかも高い剛性を持つ最終製品を得ることができる自動車装備材用半製品の製造方法を提供する。この自動車装備材用半製品の製造方法は、芯鞘型複合繊維が集積されている繊維ウェブに、ニードルパンチを施し、芯鞘型複合繊維相互間を三次元的に交絡させるというものである。芯鞘型複合繊維の芯成分はエチレングリコールとテレフタル酸の共重合体よりなる。芯鞘型複合繊維の鞘成分はエチレングリコールとアジピン酸とテレフタル酸を含む共重合体よりなる。芯鞘型複合繊維中の芯成分と鞘成分の重量比は、芯成分:鞘成分=1~3:1である。芯成分と鞘成分は、同心に配置されている。繊維ウェブは、芯鞘型複合繊維相互間が鞘成分の軟化又は溶融によって接着されている。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)