このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018110507) 航空機用水タンクのインナーライナーに口金を取り付ける装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/110507 国際出願番号: PCT/JP2017/044393
国際公開日: 21.06.2018 国際出願日: 11.12.2017
IPC:
B65D 90/00 (2006.01) ,B21D 37/01 (2006.01) ,B21D 37/16 (2006.01) ,B21D 39/00 (2006.01) ,B21D 51/38 (2006.01) ,B65D 8/02 (2006.01) ,B65D 8/16 (2006.01) ,F16J 13/12 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
90
大形容器の構成要素,細部または付属品
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
37
このサブクラスに包含される機械の部品としての工具(その作業のための適切なグループ中における特殊な作業に独特に適用される工具の形状または構造)
01
材料の選択
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
37
このサブクラスに包含される機械の部品としての工具(その作業のための適切なグループ中における特殊な作業に独特に適用される工具の形状または構造)
16
加熱または冷却
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
39
物体または部品を結合するための方法の適用,例.鍍金以外の金属板での被覆;拡管装置
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
51
中空体の製造
16
対象物の用途に特徴のあるもの
38
罐,錫罐,バス,壜,または他の容器の入口または出口設備の製造;罐の端部の製造;閉止具の製造
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
8
全体又は主要部が金属,プラスチック,木またはそれらの代用品で作られた,剛性または本質的に剛性の2以上の構成要素を相互に連結するかまたは合体させることにより形成される1つの曲断面をもつ容器
02
充填または排出口の配置
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
8
全体又は主要部が金属,プラスチック,木またはそれらの代用品で作られた,剛性または本質的に剛性の2以上の構成要素を相互に連結するかまたは合体させることにより形成される1つの曲断面をもつ容器
04
壁構造または壁間の連結に特徴のあるもの
16
ラミネートされたパネル,例.合板,よりなる壁をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
J
ピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
13
圧力容器のふたまたは類似の閉鎖部材一般
02
分離できる密閉部材;しっかり密閉するための手段
12
ねじ山,中断されたねじ山,差し込みした密閉または類似のものによってくさび作用により取り付けられたもの
出願人:
横浜ゴム株式会社 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区新橋5丁目36番11号 36-11, Shimbashi 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1058685, JP
発明者:
加藤 勇人 KATO, Hayato; JP
小澤 孝洋 OZAWA, Takahiro; JP
代理人:
野田 茂 NODA, Shigeru; JP
優先権情報:
2016-24117713.12.2016JP
発明の名称: (EN) DEVICE FOR ATTACHING MOUTHPIECE TO INNER LINER OF AIRCRAFT WATER TANK
(FR) DISPOSITIF DE FIXATION D'EMBOUT SUR UNE CHEMISE INTERNE D'UN RÉSERVOIR D'EAU D'AÉRONEF
(JA) 航空機用水タンクのインナーライナーに口金を取り付ける装置
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to secure the durability of an inner liner. In the present invention, a die in which an inner liner 22 is made to abut the die surface of a mouthpiece 26 is constituted by two dies, i.e. an upper die 56 and a lower die 58. The upper die 56 is provided with: an outer abutting surface 6210 at which a tube part 22C of the inner liner 22 abuts a first annular surface 40 of the mouthpiece 26; a heating unit 64 that heats the outer abutting surface 6210; and an upper die-side positioning cylindrical surface 6208. The lower die 58 is provided with: an inner abutting surface 5802 at which a portion of a dome part 22B around the tube part 22C abuts a second annular surface 3202 of the mouthpiece 26; and a lower die-side positioning cylindrical surface 5804 that is capable of engaging with the upper die-side positioning cylindrical surface 6208. A portion where the lower die-side positioning cylindrical surface 5804 is located is formed of a material having a lower thermal conductivity than the upper die 56.
(FR) L'objet de la présente invention est d'assurer la durabilité d'une chemise interne. Dans la présente invention, une matrice, dans laquelle une chemise interne 22 est amenée à venir en butée contre la surface de la matrice d'un embout 26, est constituée de deux matrices, c'est-à-dire une matrice supérieure 56 et une matrice inférieure 58. La matrice supérieure 56 comprend : une surface de butée externe 6210 au niveau de laquelle une partie tube 22C de la chemise interne 22 vient en butée contre une première surface annulaire 40 de l'embout 26 ; une unité chauffante 64 qui chauffe la surface de butée externe 6210 ; et une surface cylindrique de positionnement 6208 du côté matrice supérieure. La matrice inférieure 58 comprend : une surface de butée interne 5802 au niveau de laquelle une partie d'une partie dôme 22B autour de la partie tube 22C vient en butée contre une seconde surface annulaire 3202 de l'embout 26 ; et une surface cylindrique de positionnement 5804 du côté matrice inférieure qui est apte à venir en prise avec la surface cylindrique de positionnement 6208 du côté matrice supérieure. Une partie, au niveau de laquelle est située la surface cylindrique de positionnement 5804 du côté matrice inférieure, est formée d'un matériau ayant une conductivité thermique inférieure à celle de la matrice supérieure 56.
(JA) インナーライナーの耐久性を確保する。インナーライナー22を口金26の型面に当接させる型を、上型56と下型58との2つの型で構成した。上型56に、インナーライナー22の筒部22Cを口金26の第1環状面40に当接する外側当接面6210および外側当接面6210を加熱する加熱部64と、上型側位置合わせ円筒面6208とを設け、下型58に、筒部22Cの周囲のドーム部22Bの箇所を口金26の第2環状面3202に当接する内側当接面5802と、上型側位置合わせ円筒面6208に係合可能な下型側位置合わせ円筒面5804とを設けた。下型側位置合わせ円筒面5804を有する箇所を上型56よりも熱伝導性の低い材料で形成した。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)