国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018110499) 誘電体多層膜付きガラス板及びその製造方法

Pub. No.:    WO/2018/110499    International Application No.:    PCT/JP2017/044378
Publication Date: Fri Jun 22 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Dec 12 00:59:59 CET 2017
IPC: C03C 17/34
G02B 5/26
G02B 5/28
Applicants: NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD.
日本電気硝子株式会社
Inventors: SAHARA, Keiichi
佐原 啓一
IMAMURA, Tsutomu
今村 努
TANABE, Yasutaka
田邉 泰崇
Title: 誘電体多層膜付きガラス板及びその製造方法
Abstract:
誘電体多層膜付きガラス板(11)のガラス板(12)は、少なくとも一方の主面(12a)と側面(12b)との間の稜面(12c)を有する。誘電体多層膜付きガラス板(11)の誘電体多層膜(13)は、ガラス板(12)の主面(12a)を被覆する主面被覆部(13a)と、ガラス板(12)の稜面(12c)を被覆する稜面被覆部(13b)とを有する。誘電体多層膜付きガラス板(11)の製造方法は、ガラス板材に稜面(12c)を形成してガラス板(12)を得る工程と、ガラス板(12)の主面(12a)及びガラス板(12)の稜面(12c)に誘電体多層膜(13)を設ける工程とを備える。