国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018110449) 圧縮機の弁構造

Pub. No.:    WO/2018/110449    International Application No.:    PCT/JP2017/044187
Publication Date: Fri Jun 22 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Dec 09 00:59:59 CET 2017
IPC: F04B 39/10
F04B 27/12
Applicants: VALEO JAPAN CO., LTD.
株式会社ヴァレオジャパン
Inventors: ISHIDA, Hiroyuki
石田 欣之
TAKAHASHI, Hideyuki
高橋 秀行
ENDO, Takayuki
遠藤 崇之
HE, Hao
何 浩
Title: 圧縮機の弁構造
Abstract:
【課題】高速運転時にリード弁や弁座に破損が生じることなく、リード弁の潤滑油による張り付きをも低減でき、安定した運転を維持させることが可能な圧縮機の弁構造を提供する。 シリンダボアが形成されたシリンダブロックと作動流体を一時的に収容する空間が形成されたシリンダヘッドとの間に設けられ、シリンダボアと空間とを連通するポート(吐出ポート30)が形成された弁板3と、この弁板3のポート(吐出ポート30)の開口端周縁に設けられた環状の弁座36と、この弁座36に接離することでポート(吐出ポート30)を開閉するリード弁(吐出弁31)と、を備え、弁座36の径方向の巾を、リード弁(吐出弁31)の先端側において基端側よりも大きくし、リード弁(吐出弁31)によってポート(吐出ポート30)を閉じた状態において、リード弁(吐出ポート30)の先端部の外縁を弁座36の外縁よりも内側に位置させる。