このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018110391) レーザパルス切出装置及び切出方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/110391 国際出願番号: PCT/JP2017/043854
国際公開日: 21.06.2018 国際出願日: 06.12.2017
IPC:
B23K 26/0622 (2014.01) ,B23K 26/067 (2006.01) ,H01S 3/00 (2006.01) ,H01S 3/10 (2006.01)
[IPC code unknown for B23K 26/0622]
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
02
加工物の位置決めまたは観察,例.照射点に関するもの;レーザービームの軸合せ,照準,焦点合せ
06
レーザービーム光の成形,例.マスクまたは多焦点装置によるもの
067
ビームの分割,例.多焦点装置(マルチ・フォーカシング)
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
10
放出された放射線の強度,周波数,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲート,変調または復調
出願人:
住友重機械工業株式会社 SUMITOMO HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都品川区大崎二丁目1番1号 1-1, Osaki 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1416025, JP
発明者:
河村 譲一 KAWAMURA, Joichi; JP
奥平 恭之 OKUDAIRA, Yasuyuki; JP
代理人:
来山 幹雄 KITAYAMA, Mikio; JP
優先権情報:
2016-24121513.12.2016JP
発明の名称: (EN) LASER PULSE EXTRACTION DEVICE AND EXTRACTION METHOD
(FR) DISPOSITIF D'EXTRACTION À IMPULSION LASER ET PROCÉDÉ D'EXTRACTION
(JA) レーザパルス切出装置及び切出方法
要約:
(EN) According to the present invention, a control device gives an instruction to a beam deflector such that a first laser pulse directed to a first machining path and a second laser pulse directed to a second machining path are extracted from one original laser pulse incident on the beam deflector. When changing the pulse widths of the first laser pulse and the second laser pulse, the control device shifts both the rising point and the falling point of the first laser pulse in directions opposite to each other and shifts both the rising point and the falling point of the second laser pulse in directions opposite to each other by using the rising point of the original laser pulse as a reference.
(FR) Selon la présente invention, un dispositif de commande donne une instruction à un déflecteur de faisceau de telle sorte qu'une première impulsion laser dirigée vers un premier chemin d'usinage et une seconde impulsion laser dirigée vers un second chemin d'usinage sont extraits d'une même impulsion laser d'origine incidente sur le déflecteur de faisceau. Lors du changement des largeurs d'impulsion de la première impulsion laser et de la seconde impulsion laser, le dispositif de commande décale à la fois le point montant et le point descendant de la première impulsion laser dans des directions mutuellement opposées et décale à la fois le point montant et le point descendant de la seconde impulsion laser dans des directions mutuellement opposées en utilisant le point montant de l'impulsion laser d'origine comme référence.
(JA) 制御装置がビーム偏向器に指令を与えることにより、ビーム偏向器に入射する1つの原初レーザパルスから、第1の加工経路に向かう第1のレーザパルス、及び第2の加工経路に向かう第2のレーザパルスを切り出す。制御装置は、第1のレーザパルス及び第2のレーザパルスのパルス幅を変化させるとき、原初レーザパルスの立ち上がり時点を基準として、第1のレーザパルスの立ち上がり時点及び立ち下がり時点の双方を、相互に反対向きにシフトさせ、第2のレーザパルスの立ち上がり時点及び立ち下がり時点の双方を、相互に反対向きにシフトさせる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)