国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018110370) 活性金属の鋳造方法

Pub. No.:    WO/2018/110370    International Application No.:    PCT/JP2017/043660
Publication Date: Fri Jun 22 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Dec 06 00:59:59 CET 2017
IPC: B22D 7/00
B22D 18/06
B22D 21/06
B22D 27/04
F27B 14/06
F27B 14/18
Applicants: KABUSHIKI KAISHA KOBE SEIKO SHO (KOBE STEEL, LTD.)
株式会社神戸製鋼所
Inventors: MORIKAWA Yuzo
森川 雄三
MATSUWAKA Daisuke
松若 大介
ISHIDA Hitoshi
石田 斉
IKEDA Shushi
池田 周之
Title: 活性金属の鋳造方法
Abstract:
本発明の活性金属の鋳造方法は、水冷銅の坩堝(2)を用いた誘導溶解炉(3)において、坩堝(2)の底部に設けられた出湯口(5)から溶湯Mを鋳型(4)に出湯して活性金属の細径鋳塊(S)を鋳造する活性金属の鋳造方法であって、鋳塊は直径(D)10mm以上で、且つ、鋳塊高さHと鋳塊直径Dの比(H/D)が1.5以上であり、鋳造で出湯される溶湯Mの重量が200kg以下とされた鋳造条件で鋳造を行うに際しては、鋳造時の溶湯Mの温度を活性金属の融点よりも高温にすると共に、出湯口5の開口径を調整することで、鋳型4内で鋳造が進む速度である鋳造速度V(mm/秒)を、鋳塊高さHとの関係で、V≦0.1Hに制御しつつ鋳造を行う。