国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018110158) 自動分析装置

Pub. No.:    WO/2018/110158    International Application No.:    PCT/JP2017/040262
Publication Date: Fri Jun 22 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Nov 09 00:59:59 CET 2017
IPC: G01N 35/10
G01N 35/00
Applicants: HITACHI HIGH-TECHNOLOGIES CORPORATION
株式会社日立ハイテクノロジーズ
Inventors: AZUMA, Shinji
東 信二
YAMAZAKI, Isao
山崎 功夫
FUKAYA, Masashi
深谷 昌史
ITO, Takumi
伊藤 匠
Title: 自動分析装置
Abstract:
温度変化に伴う検体または試薬などの分注精度の低下を抑える。自動分析装置1において、分注ノズル13は、試料を保持するサンプル容器から試料を吸引および反応容器60に試料を吐出する。シリンジポンプ16は、水の体積変化量を制御する。第1の配管31は、分注ノズル13とシリンジポンプ16とを接続する。電磁弁18は、水を流したり、止めたりする。第2の配管32は、電磁弁18とシリンジポンプ16とを接続する。分岐管30は、水を分岐させる。第3の配管33は、電磁弁18と分岐管30とを接続する。筐体40は、少なくともシリンジポンプ16、第1の配管31、電磁弁18、第2の配管32、分岐管30、および第3の配管33を収納する。そして、第3の配管33は、水の熱交換を行う熱交換部41を有する。