このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018109872) シクロペンテノン誘導体およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/109872 国際出願番号: PCT/JP2016/087257
国際公開日: 21.06.2018 国際出願日: 14.12.2016
IPC:
C07C 45/61 (2006.01) ,C07C 45/65 (2006.01) ,C07C 49/647 (2006.01) ,C07C 49/707 (2006.01) ,C07C 49/753 (2006.01) ,C07C 209/14 (2006.01) ,C07C 211/17 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
45
炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
61
>C=O基の生成を伴わない反応によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
45
炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
61
>C=O基の生成を伴わない反応によるもの
65
水素原子または官能基の離脱によるもの;官能基の水添分解によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
49
ケトン;ケテン;二量化ケテン;ケトン性キレート
587
環部分を構成しているケト基を含有する不飽和化合物
647
環以外に不飽和結合をもつもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
49
ケトン;ケテン;二量化ケテン;ケトン性キレート
587
環部分を構成しているケト基を含有する不飽和化合物
703
水酸基を含有するもの
707
ケト基が3~5員環の環部分を構成しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
49
ケトン;ケテン;二量化ケテン;ケトン性キレート
587
環部分を構成しているケト基を含有する不飽和化合物
753
エーテル基,「図」基,「図」基,または「図」基を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
209
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物の製造
04
官能基をアミノ基で置換するもの
14
水酸基またはエーテル化もしくはエステル化された水酸基を置換するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
211
炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物
01
非環式炭素原子に結合しているアミノ基をもつもの
16
6員芳香環以外の環を含有する飽和炭素骨格の
17
非縮合環のみを含有するもの
出願人:
国立大学法人東北大学 TOHOKU UNIVERSITY [JP/JP]; 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1番1号 1-1, Katahira 2-chome, Aoba-ku, Sendai-shi Miyagi 9808577, JP
フロムシード株式会社 FROMSEEDS CORPORATION [JP/JP]; 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6番地6-40 東北大学連携型起業家育成施設(T-Biz)406号室 Tohoku University Business Incubator(T-Biz) 406, 6-6-40, Aramaki Aza Aoba, Aoba-ku, Sendai-shi, Miyagi 9808579, JP
発明者:
笠井 均 KASAI Hitoshi; JP
小関 良卓 KOSEKI Yoshitaka; JP
神島 尭明 KAMISHIMA Takaaki; JP
野中 利之 NONAKA Toshiyuki; JP
代理人:
謝 卓峰 SHA Takuho; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) CYCLOPENTENONE DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) DÉRIVÉ DE CYCLOPENTÉNONE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) シクロペンテノン誘導体およびその製造方法
要約:
(EN) The present invention provides an industrially desirable novel cyclopentenone derivative and a method for producing the same. Practical and industrial applications of the following are anticipated: the novel compounds (formulas (I) and (II)) and the methods for producing the same provided by the invention according to the present application, an industrially desirable novel intermediate for prostaglandin derivative and the like and a method for producing the same.
(FR) La présente invention concerne un nouveau dérivé de cyclopenténone industriellement recherché et son procédé de production. Des applications pratiques et industrielles de ce qui suit sont prévues : les nouveaux composés (formules (I) et (II)) et les procédés de production de ceux-ci selon la présente invention, un nouvel intermédiaire industriellement recherché pour un dérivé de prostaglandine et similaire, et un procédé de production de celui-ci.
(JA) 本発明は、工業的に好ましい新規なシクロペンテノン誘導体およびその製造方法を提供する。 本願に係る発明で提供される新規な化合物(式(I)および式(II))およびそれらの製造方法は、工業的に好ましい新規なプロスタグランジン誘導体等の中間体およびその製造方法は、その実用化および工業化が期待される。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)