国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018109871) 位相振幅検波回路、送信モジュール、および、アレーアンテナ

Pub. No.:    WO/2018/109871    International Application No.:    PCT/JP2016/087240
Publication Date: Fri Jun 22 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Dec 15 00:59:59 CET 2016
IPC: H03D 5/00
H01Q 3/26
H01Q 21/06
H01Q 23/00
Applicants: MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION
三菱電機株式会社
Inventors: MIZUTANI, Hiroyuki
水谷 浩之
NOTO, Hifumi
能登 一二三
NAKAMIZO, Hideyuki
中溝 英之
TAJIMA, Kenichi
田島 賢一
Title: 位相振幅検波回路、送信モジュール、および、アレーアンテナ
Abstract:
位相振幅検波回路は、伝送線路2,3を用いて、基準信号の位相を0°変化させて出力する第1の状態、基準信号の位相を90°変化させて出力する第2の状態、および、基準信号の通過を遮断する第3の状態の3つの状態を順に切り替えて動作するスイッチ1,5と、第1の状態または第2の状態の場合に基準信号と被測定信号とを混合させるとともに、第3の状態の場合に被測定信号の振幅を検波するミクサ7と、ミクサ7から出力される信号から直流成分を抽出するLPF8と、LPF8から出力される直流成分の電圧値をディジタル信号に変換するA/D変換器9と、第1の状態及び第2の状態の場合にA/D変換器9から出力される2つのディジタル信号に基づいて基準信号と被測定信号との位相差を算出するとともに、第3の状態の場合にA/D変換器9から出力されるディジタル信号に基づいて被測定信号の振幅を算出する信号処理回路10とを備えている。