このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018105682) グラフトコポリマー含有固形物およびその用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/105682 国際出願番号: PCT/JP2017/043926
国際公開日: 14.06.2018 国際出願日: 07.12.2017
IPC:
C08F 291/00 (2006.01) ,B01D 39/16 (2006.01) ,C08J 5/24 (2006.01) ,C08J 9/24 (2006.01) ,C08L 51/00 (2006.01) ,C09D 133/08 (2006.01) ,C09D 151/00 (2006.01) ,C09D 151/06 (2006.01) ,C09D 175/04 (2006.01) ,C10M 171/00 (2006.01) ,C10N 30/02 (2006.01) ,C10N 30/06 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
291
251/00から289/00の2以上のメイングループにわたる高分子化合物への重合によって得られる高分子化合物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
39
液体またはガス状流体用ろ過材
14
その他の自己支持ろ過材
16
有機物製のもの,例.合成繊維
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
24
その場で重合しうるプレポリマーによる物質の含浸,例.プレプレグの製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9
多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
24
粒子の表面溶触および結合による空隙の形成,例.焼結
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
51
グラフト成分が炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られるグラフト重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
133
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
エステルの単独重合体または共重合体
06
炭素,水素および酸素のみを含有し,しかもその酸素はカルボキシル基の一部分としてのみ存在するエステルの
08
アクリル酸エステルの単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
151
グラフト成分が炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られるグラフト重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
151
グラフト成分が炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られるグラフト重合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
06
ただ1個の炭素―炭素二重結合を含有する脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体にグラフトされた
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリウレタン
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
171
もっぱら物理的な基準によって特徴づけられる潤滑組成物,例.基材,増稠剤または添加剤として含有される配合成分が,数値的に特記される物理的性質によってのみ特徴づけられるもの,すなわち.含有される配合成分が物理的には明確化されているが,化学的には特定化されていないかまたは非常に漠然としか示されていないもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
02
流動点;粘度指数
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
06
油性;油膜強度;耐摩耗性;耐極圧性
出願人:
三井化学株式会社 MITSUI CHEMICALS, INC. [JP/JP]; 東京都港区東新橋一丁目5番2号 5-2, Higashi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1057122, JP
発明者:
森 昭秀 MORI Akihide; JP
岡本 勝彦 OKAMOTO Masahiko; JP
原田 勝好 HARADA Katsuyoshi; JP
山田 孝裕 YAMADA Takahiro; JP
山本 周平 YAMAMOTO Shuhei; JP
高橋 清 TAKAHASHI Kiyoshi; JP
山村 清 YAMAMURA Kiyoshi; JP
鈴木 孝太郎 SUZUKI Koutarou; JP
関 亮一 SEKI Ryouichi; JP
松永 慎也 MATSUNAGA Shinya; JP
代理人:
特許業務法人SSINPAT SSINPAT PATENT FIRM; 東京都品川区西五反田七丁目13番6号 五反田山崎ビル6階 Gotanda Yamazaki Bldg. 6F, 13-6, Nishigotanda 7-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1410031, JP
優先権情報:
2016-23929409.12.2016JP
2016-23929509.12.2016JP
2017-02487614.02.2017JP
2017-03836801.03.2017JP
2017-12126821.06.2017JP
2017-18249422.09.2017JP
2017-23259204.12.2017JP
発明の名称: (EN) GRAFT COPOLYMER-CONTAINING SOLID PRODUCT AND USE THEREOF
(FR) PRODUIT SOLIDE CONTENANT UN COPOLYMÈRE GREFFÉ ET UTILISATION CORRESPONDANTE
(JA) グラフトコポリマー含有固形物およびその用途
要約:
(EN) [Problem] To provide a core-shell type graft copolymer which substantially retains the physical properties and shape of a raw material polymer, and has a high proportion of various functional groups introduced only to the surface thereof. [Solution] This core-shell type polymer solid product contains a graft copolymer (C) having a main chain portion derived from a precursor polymer (A) and a graft portion derived from a polymer (B), wherein a core portion (a) of the solid product contains the main chain portion derived from (A), a shell portion (b) of the solid product contains the graft portion derived from (B), and the solid product satisfies requirement (I). Requirement (I): When infrared absorption spectroscopic measurement is performed on cross-sections passing through the center (x) of the solid product, a point (z) on the surface of the solid product where the distance between the center (x) and the surface is shortest, and a middle point (y) of a line connecting the center (x) and the point (z), the absorbance (Abs) satisfies: X<0.01; Y<0.01; and Z≥0.01, where X, Y, and Z represent the values of Abs (key band of the polymer (B)) / Abs(key band of the polymer (A)) at the center (x), the middle point (y), and the point (z), respectively.
(FR) Le problème décrit par la présente invention concerne un copolymère greffé de type noyau-coquille qui conserve sensiblement les propriétés physiques et la forme d'un polymère de matière première et qui présente une proportion élevée de divers groupes fonctionnels introduits uniquement sur la surface correspondante. La solution selon l'invention porte sur un produit solide polymère de type noyau-coquille qui contient un copolymère greffé (C) présentant une partie de chaîne principale dérivée d'un polymère précurseur (A) et une partie greffée dérivée d'un polymère (B), une partie de noyau (a) du produit solide contenant la partie de chaîne principale dérivée de (A), une partie de coquille (b) du produit solide contenant la partie greffée dérivée de (B) et le produit solide satisfaisant à l'exigence (I). Exigence (I) : lorsqu'une la mesure spectroscopique par absorption infrarouge est effectuée sur des sections transversales passant par le centre (x) du produit solide, un point (z) sur la surface du produit solide où la distance entre le centre (x) et la surface est la plus courte, et un point central (y) d'une ligne reliant le centre (x) et le point (z), l'absorbance (Abs) satisfait à : X<0,01 ; Y<0,01 et Z≥0,01, où X, Y et Z représentent les valeurs d'Abs(bande clé du polymère (B))/Abs(bande de clé du polymère (A)) respectivement au centre (x), au point central (y) et au point (z).
(JA) [課題]原料ポリマーの物性や形状を実質的に保持したまま、ポリマーの表面だけに種々の官能基を高い割合で導入したコアシェル型グラフトコポリマーを提供する。 [解決手段]前駆体ポリマー(A)に由来する主鎖部と、ポリマー(B)に由来するグラフト部とを有するグラフトコポリマー(C)を含むコアシェル型ポリマー固形物であり、固形物のコア部(a)が(A)に由来する主鎖部を含み、シェル部(b)が(B)に由来するグラフト部を含み、要件(I)を満たすコアシェル型ポリマー固形物。 要件(I):固形物の中心(x)、中心(x)から表面までの距離が最短となる表面の点(z)、および中心(x)と点(z)とを結ぶ線分の中点(y)を通る断面の赤外吸収分光測定において、吸光度(Abs)が以下の関係を満たす。 X<0.01 Y<0.01 Z≧0.01 X、Y、Zは、それぞれ、中心(x)、中点(y)、点(z)における、Abs(ポリマー(B)のキーバンド)/Abs(ポリマー(A)のキーバンド)の値である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)