このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018105670) セラミックス基複合材料の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/105670 国際出願番号: PCT/JP2017/043885
国際公開日: 14.06.2018 国際出願日: 06.12.2017
IPC:
C04B 35/80 (2006.01) ,D06M 15/41 (2006.01) ,D06M 15/55 (2006.01) ,D06M 15/564 (2006.01) ,D06M 15/59 (2006.01)
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
71
巨視的な強化用物質を含むセラミック製品
78
非金属材料を含有するもの
80
繊維,フィラメント,ウィスカー,小板状体または類似物
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15
繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19
合成高分子化合物によるもの
37
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
39
アルデヒド樹脂;ケトン樹脂;ポリアセタール
41
フェノールアルデヒドまたはフェノールケトン樹脂
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15
繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19
合成高分子化合物によるもの
37
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
55
エポキシ樹脂
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15
繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19
合成高分子化合物によるもの
37
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
564
ポリ尿素,ポリウレタンまたはウレイドまたはウレタン連結基をもつ他の重合体;その初期縮合物
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15
繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19
合成高分子化合物によるもの
37
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
ポリアミド;ポリイミド
出願人:
三菱重工航空エンジン株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES AERO ENGINES, LTD. [JP/JP]; 愛知県小牧市東田中1200番地 1200, Higashi-tanaka, Komaki-shi, Aichi 4850826, JP
発明者:
西川 紘介 NISHIKAWA, Kosuke; JP
福島 明 FUKUSHIMA, Akira; JP
野上 龍馬 NOGAMI, Ryoma; JP
田麥 あづさ TAMUGI, Azusa; JP
代理人:
特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区霞が関3丁目8番1号 虎の門三井ビルディング Toranomon Mitsui Building, 8-1, Kasumigaseki 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000013, JP
優先権情報:
2016-23786907.12.2016JP
発明の名称: (EN) MANUFACTURING METHOD FOR CERAMIC-BASED COMPOSITE MATERIAL
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN MATÉRIAU COMPOSITE À BASE DE CÉRAMIQUE
(JA) セラミックス基複合材料の製造方法
要約:
(EN) Provided is a ceramic-based composite material manufacturing method which is unlikely to result in strength deterioration and with which it is possible to shorten manufacturing time. This manufacturing method is for a ceramic-based composite material having a woven fabric that has multiple fiber bundles and having a matrix that is disposed in the gaps between the fiber bundles, the manufacturing method comprising: a base body formation step for forming a base body by calcining the woven fabric impregnated with a polymer that is a precursor to the matrix; and a densification step for further impregnating the base body with a polymer and calcining same. The densification step comprises: a second impregnation step for further impregnating the base body with a polymer so as to form an impregnated base body; a drying step for drying the impregnated base body so as to form a dried base body; a steam treatment step for leaving the dried base body under saturation water vapor pressure so as to form a treated base body; and a calcination step for calcining the treated base body.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'un matériau composite à base de céramique qui est peu susceptible d'entraîner une détérioration de la résistance et qui permet de raccourcir le temps de fabrication. Ce procédé de fabrication est destiné à un matériau composite à base de céramique présentant un tissu tissé qui présente de multiples faisceaux de fibres et présentant une matrice qui est disposée dans les interstices entre les faisceaux de fibres, le procédé de fabrication comprenant : une étape de formation d'un corps de base pour former un corps de base par calcination du tissu tissé imprégné d'un polymère qui est un précurseur de la matrice; et une étape de densification pour imprégner davantage le corps de base par un polymère et la calcination de celui-ci. L'étape de densification comprend : une deuxième étape d'imprégnation pour imprégner davantage le corps de base par un polymère de façon à former un corps de base imprégné; une étape de séchage pour sécher le corps de base imprégné de façon à former un corps de base séché; une étape de traitement à la vapeur pour laisser le corps de base séché sous une pression de vapeur d'eau de saturation de façon à former un corps de base traité; et une étape de calcination pour calciner le corps de base traité.
(JA) 強度低下が生じにくく、かつ製造期間を短縮化することが可能なセラミックス基複合材料の製造方法を提供する。複数の繊維束を有する織布と、繊維束同士の間の間隙に配置されたマトリックスと、を有するセラミックス基複合材料の製造方法であって、織布にマトリックスの前駆体としてのポリマーを含浸させて焼成することで素体を形成する素体形成工程と、素体にポリマーをさらに含浸させ、焼成する緻密化工程と、を含む。緻密化工程は、素体にポリマーをさらに含浸させて含浸済み素体を形成する第二含浸工程と、含浸済み素体を乾燥させて乾燥済み素体を形成する乾燥工程と、乾燥済み素体を飽和水蒸気圧下に留置して処理済み素体を形成する水蒸気処理工程と、処理済み素体を焼成する焼成工程と、を含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)