このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018105632) カーバメート基を有するキノリン化合物、又はその塩類及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/105632 国際出願番号: PCT/JP2017/043733
国際公開日: 14.06.2018 国際出願日: 06.12.2017
IPC:
C07D 413/04 (2006.01) ,A01N 47/20 (2006.01) ,A01P 5/00 (2006.01) ,A01P 7/02 (2006.01) ,A01P 7/04 (2006.01) ,A61K 31/4709 (2006.01) ,A61K 31/5025 (2006.01) ,A61P 33/14 (2006.01) ,C07D 471/04 (2006.01) ,C07D 487/04 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
413
2個以上の複素環を含有し,そのうち少なくても1個が異項原子として窒素と酸素原子のみをもつ複素環式化合物
02
2個の複素環を含有するもの
04
環原子―環原子結合により直接結合しているもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
47
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であって,環の一員でなくまた炭素または水素原子との結合をもたない炭素原子を含む有機化合物を含むもの,例.炭酸の誘導体
08
窒素原子への1個またはそれ以上の単結合をもつ炭素原子
10
カルバミン酸誘導体,すなわち―O―CO―N<基を有するもの;そのチオ類似体
20
そのN―アリール誘導体
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
5
殺線虫剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
02
殺ダニ剤
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
04
殺虫剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
47
キノリン;イソキノリン
4709
縮合することなく,さらに複素環を含むキノリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
50
ピリダジン;水素添加ピリダジン
5025
複素環系とオルソ又はペリ縮合したもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
33
抗寄生虫剤
14
体外寄生虫,例.殺疥癬虫剤
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
471
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,451/00から463/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソー縮合系
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
487
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,451/00から477/00までに属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソー縮合系
出願人:
日本農薬株式会社 NIHON NOHYAKU CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区京橋1丁目19番8号 19-8, Kyobashi 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048386, JP
発明者:
清水 直登 SHIMIZU, Naoto; JP
米村 樹 YONEMURA, Ikki; JP
諏訪 明之 SUWA, Akiyuki; JP
田中 綾介 TANAKA, Ryosuke; JP
藤江 隼平 FUJIE, Shunpei; JP
代理人:
岩谷 龍 IWATANI, Ryo; JP
優先権情報:
2016-23732407.12.2016JP
2017-07708807.04.2017JP
発明の名称: (EN) QUINOLINE COMPOUND HAVING CARBAMATE GROUP, SALT OF SAME, INSECTICIDE FOR AGRICULTURAL AND HORTICULTURAL USE CONTAINING SAID COMPOUND, AND USE OF SAID INSECTICIDE
(FR) COMPOSÉ DE QUINOLÉINE AYANT UN GROUPE CARBAMATE, SEL DE CELUI-CI, INSECTICIDE POUR UNE UTILISATION AGRICOLE ET HORTICOLE CONTENANT LEDIT COMPOSÉ, ET UTILISATION DUDIT INSECTICIDE
(JA) カーバメート基を有するキノリン化合物、又はその塩類及び該化合物を含有する農園芸用殺虫剤並びにその使用方法
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of developing and providing a novel insecticide for agricultural and horticultural use since pests still cause extensive damage on the production of agricultural and horticultural crops and pests that are resistant to conventional chemicals have emerged. The present invention provides a quinoline compound having a carbamate group represented by general formula (1) (wherein R1 represents an alkyl group; R2 represents a hydrogen atom or an alkyl group; R3 represents a haloalkyl group; A1 represents an oxygen atom or an N-Me group; A1 represents a nitrogen atom; A2 represents CH; m is 2; and n is 1) or a salt thereof; an insecticide for agricultural and horticultural use, which contains the compound or a salt thereof as an active ingredient; and a use of the insecticide for agricultural and horticultural use.
(FR) La présente invention aborde le problème du développement et de la fourniture d'un nouveau insecticide à usage agricole et horticole pour des raisons telles qu'il y a encore d'importants dégâts sur la production des cultures agricoles et horticoles par des parasites et des organismes nuisibles résistants aux produits chimiques classiques ont apparus. La présente invention concerne un composé de quinoléine ayant un groupe carbamate représenté par la formule générale (1) (dans laquelle R1 représente un groupe alkyle ; R2 représente un atome d'hydrogène ou un groupe alkyle ; R3 représente un groupe haloalkyle ; A1 représente un atome d'oxygène ou un groupe N-Me ; A1 représente un atome d'azote ; A2 représente CH ; m représente 2 ; et n représente 1) ou un sel de celui-ci ; un insecticide à usage agricole et horticole, qui contient le composé ou un sel de celui-ci en tant que principe actif ; et l'utilisation de l'insecticide à des fins agricoles et horticoles.
(JA) 農業及び園芸等の作物生産において、害虫等による被害が今なお大きいことから、既存薬に対する抵抗性害虫の発生等の要因から新規な農園芸用殺虫剤を開発し、提供することを課題とする。 一般式(1) {式中、Rはアルキル基、Rは水素原子又はアルキル基、Rはハロアルキル基であり、Aは酸素原子又はN‐Me基、Aは窒素原子、AはCHであり、mは2、nは1である。}で示されるカーバメート基を有するキノリン化合物又はその塩類、これを有効成分とする農園芸用殺虫剤並びにその使用方法を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)