このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018105572) ε-カプロラクタムの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/105572 国際出願番号: PCT/JP2017/043539
国際公開日: 14.06.2018 国際出願日: 05.12.2017
IPC:
C07D 201/08 (2006.01) ,B01J 23/648 (2006.01) ,B01J 23/847 (2006.01) ,C07C 255/19 (2006.01) ,C07D 223/10 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
201
置換基のないラクタムの製造,分離,精製または安定化
02
ラクタムの製造
08
カルボン酸またはその誘導体,例.ヒドロキシカルボン酸,ラクトン,ニトリル,からのもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
64
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
648
バナジウム,ニオブまたはタンタル
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
84
ひ素,アンチモン,ビスマス,バナジウム,ニオブ,タンタル,ポロニウム,クロム,モリブデン,タングステン,マンガン,テクネチウムまたはレニウムと結合したもの
847
バナジウム,ニオブまたはタンタル
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
255
カルボン酸ニトリル
01
非環式炭素原子に結合しているシアノ基をもつもの
19
シアノ基と,同じ飽和非環式炭素骨格に結合している,シアノ基以外のカルボキシル基とを含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
223
異項原子として1個の窒素原子のみを含有する7員環の複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
06
異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
08
酸素原子
10
2位に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
東レ株式会社 TORAY INDUSTRIES, INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号 1-1, Nihonbashi-Muromachi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038666, JP
発明者:
塚本 大治郎 TSUKAMOTO, Daijiro; JP
伊藤 正照 ITO, Masateru; JP
山田 勝成 YAMADA, Katsushige; JP
赤平 真人 AKAHIRA, Masato; JP
山本 大介 YAMAMOTO, Daisuke; JP
山内 幸二 YAMAUCHI, Koji; JP
優先権情報:
2016-23662406.12.2016JP
2017-04020803.03.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ε-CAPROLACTAM
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ε-CAPROLACTAME
(JA) ε-カプロラクタムの製造方法
要約:
(EN) The present invention is a method for producing ε-caprolactam via adipamide that serves as an intermediate. This method for producing ε-caprolactam is characterized by comprising a lactamization step wherein adipamide produced from a starting material compound is reacted with hydrogen and ammonia in the presence of a catalyst which contains a metal and/or a metal compound having hydrogenation ability and a metal oxide that mainly contains an oxide of one or more metal elements selected from the group consisting of metal elements of the fourth to sixth rows in groups 5, 7 to 14 of the periodic table. This method is capable of enhancing the selectivity of ε-caprolactam.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production d'ε-caprolactame par le biais d'adipamide qui sert d'intermédiaire. Le procédé de production d'ε-caprolactame de la présente invention est caractérisé en ce qu'il comprend une étape de lactamisation, dans laquelle l'adipamide produit à partir d'un composé de matériau de départ est mis à réagir avec de l'hydrogène et de l'ammoniac en présence d'un catalyseur, qui contient un métal et/ou un composé métallique ayant l'aptitude à l'hydrogénation et un oxyde métallique qui contient principalement un oxyde d'un ou de plusieurs éléments métalliques choisis dans le groupe constitué par les éléments métalliques de la quatrième à la sixième rangée, dans les groupes 5, 7 à 14 de la table périodique des éléments. Ce procédé est capable d'améliorer la sélectivité de l'ε-caprolactame.
(JA) 【課題】 本発明は、アジポアミドを中間体として経由するε-カプロラクタムの製造方法であって、原料化合物から生成するアジポアミドを、周期表第4周期~第6周期かつ第5族、第7族~第14族の金属元素からなる群より選ばれる1種又は2種以上の金属元素の酸化物を主として含む金属酸化物並びに水素化能を有する金属及び/又は金属化合物を含む触媒の存在下において水素及びアンモニアと反応させるラクタム化工程を含むことを特徴とし、ε-カプロラクタムの選択性を高めることができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)