このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018101785) HYBRID ORTHODONTIC APPLIANCE AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/101785 国際出願番号: PCT/KR2017/013985
国際公開日: 07.06.2018 国際出願日: 01.12.2017
IPC:
A61C 7/08 (2006.01) ,A61C 7/14 (2006.01) ,A61C 7/00 (2006.01) ,A61C 13/00 (2006.01) ,A61C 7/28 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
C
歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
7
歯科矯正術,すなわち歯の望ましい位置を得ることまたは維持すること,例.真直化,平坦化,規則化,分離または不正咬合の修正によるもの
08
マウスピース型維持装置
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
C
歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
7
歯科矯正術,すなわち歯の望ましい位置を得ることまたは維持すること,例.真直化,平坦化,規則化,分離または不正咬合の修正によるもの
12
ブラケット;アーチワイヤ;それらの組合わせ;そのための付属具
14
ブラケット;歯にブラケットを固定するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
C
歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
7
歯科矯正術,すなわち歯の望ましい位置を得ることまたは維持すること,例.真直化,平坦化,規則化,分離または不正咬合の修正によるもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
C
歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
13
歯科補綴;その製造
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
C
歯科;口腔または歯科衛生のための用具または方法
7
歯科矯正術,すなわち歯の望ましい位置を得ることまたは維持すること,例.真直化,平坦化,規則化,分離または不正咬合の修正によるもの
12
ブラケット;アーチワイヤ;それらの組合わせ;そのための付属具
28
ブラケットにアーチワイヤを固定するもの
出願人:
조건제 CHO, Geon Je [KR/KR]; KR
発明者:
조건제 CHO, Geon Je; KR
代理人:
김명진 KIM, Myung Jin; KR
優先権情報:
10-2016-016260601.12.2016KR
発明の名称: (EN) HYBRID ORTHODONTIC APPLIANCE AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) APPAREIL ORTHODONTIQUE HYBRIDE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(KO) 혼성 치아 교정 장치 및 그 제조 방법
要約:
(EN) The present invention relates to an orthodontic appliance and method for manufacturing same and, more specifically, to an orthodontic appliance which enables a lingual-side orthodontic appliance using a support bracket and a transparent orthodontic appliance worn on the teeth to be used in a hybrid form and thus enables reduction of orthodontic treatment duration and provides optimum orthodontic effects.
(FR) La présente invention concerne un appareil orthodontique et son procédé de fabrication et, plus spécifiquement, à un appareil orthodontique qui permet à un appareil orthodontique du côté lingual à l'aide d'un bracket support et d'un appareil orthodontique transparent portés sur les dents, d'être utilisé sous une forme hybride et permet ainsi de réduire la durée de traitement orthodontique et d'obtenir des effets orthodontiques optimaux.
(KO) 본 발명은 치아 교정 장치 및 그 제조 방법에 관한 것으로, 더욱 상세하게는 지지 브라켓을 이용한 설측 교정 장치와 치아에 착용하는 투명 교정 장치를 하이브리드로 이용하여 교정 기간을 단축하고, 최적의 교정 효과를 얻을 수 있는 치아 교정 장치 및 그 제조 방법에 관한 것이다.
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 韓国語 (KO)
国際出願言語: 韓国語 (KO)