このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018101151) リボース含有酵母調味料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/101151 国際出願番号: PCT/JP2017/042101
国際公開日: 07.06.2018 国際出願日: 22.11.2017
IPC:
A23L 27/10 (2016.01) ,A23L 27/00 (2016.01) ,C12P 19/02 (2006.01) ,C12N 9/16 (2006.01) ,C12N 9/22 (2006.01) ,C12N 9/24 (2006.01) ,C12N 9/78 (2006.01)
[IPC code unknown for A23L 27/10][IPC code unknown for A23L 27]
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
19
糖類基を含む化合物の製造
02
単糖類
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
16
エステル結合に作用するもの(3.1)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
16
エステル結合に作用するもの(3.1)
22
リボヌクレアーゼ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
24
グリコシル化合物に作用するもの(3.2)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
78
ペプチド結合以外のC―N結合に作用するもの(3.5)
出願人:
興人ライフサイエンス株式会社 KOHJIN LIFE SCIENCES CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区有楽町1丁目1番3号 1-3, Yurakucho 1-chome, Chiyoda-ku Tokyo 1000006, JP
発明者:
佐伯 知美 SAIKI, Tomomi; JP
福田 雄典 FUKUDA, Yusuke; JP
阿孫 健一 ASON, Kenichi; JP
代理人:
榎本政彦 ENOMOTO, Masahiko; JP
優先権情報:
2016-23535102.12.2016JP
発明の名称: (EN) RIBOSE-CONTAINING YEAST CONDIMENT
(FR) CONDIMENT DE LEVURE CONTENANT DU RIBOSE
(JA) リボース含有酵母調味料
要約:
(EN) [Problem] The present invention addresses the problem of providing a condiment in which D-ribose is included by decomposing a nucleic acid component in a microorganism extract and to show the effect of the D-ribose-containing condiment on the quality of taste. [Solution] In the condiment according to the present invention, 1.5 wt% or more of D-ribose can be included by causing two types of enzymes, a phosphatase and a nucleosidase, or four types of enzymes, a nuclease, a deaminase, a phosphatase, and a nucleosidase to act on a microorganism extract. When heated, the composition of the present invention is able to impart depth and richness to a food product.
(FR) La présente invention concerne un condiment dans lequel du D-ribose est inclus par décomposition d'un composant d'acide nucléique dans un extrait de micro-organisme et démontre l'effet du condiment contenant du D-ribose sur la qualité du goût. Dans le condiment selon la présente invention, 1,5 % en poids ou plus de D-ribose peuvent être inclus en faisant agir deux types d'enzymes, une phosphatase et une nucléosidase, ou quatre types d'enzymes, une nucléase, une désaminase, une phosphatase et une nucléosidase, sur un extrait de micro-organisme. Lorsqu'elle est chauffée, la composition de la présente invention peut conférer une profondeur et une richesse à un produit alimentaire.
(JA) 【課題】本発明は、微生物エキス中の核酸成分を分解することでD-リボースを含有させた調味料の提供並びに、D-リボース含有調味料の味質に与える影響を示すことを課題とする。 【解決手段】本発明の調味料は、微生物抽出物に対して、フォスファターゼ、ヌクレオシダーゼの2種類、又はヌクレアーゼ、デアミナーゼ、フォスファターゼ、ヌクレオシダーゼの4種類を作用させることでD-リボースを1.5重量%以上含ませることができる。本発明の組成物を加熱することで、食品に対して厚み、コクを付与することが出来る。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)