このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018100938) 可変容量形ポンプ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/100938 国際出願番号: PCT/JP2017/038845
国際公開日: 07.06.2018 国際出願日: 27.10.2017
IPC:
F04C 14/22 (2006.01) ,F04C 2/344 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
14
機械,ポンプまたはポンプ装置の制御,監視,またはこれに向けた保安装置
18
作動室の容積を変化させることに特徴のあるもの
22
共動部材間の偏心率を変更することに特徴のあるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
2
回転ピストン機械またはポンプ
30
グループ2/02,2/08,2/22,2/24の2つ以上のグループに包含される特徴をもつもの,またはこれらのグループの1つに包含される特徴をもち,さらに共動部材間の他の運動形式を合せもつもの
34
グループ2/08または2/22に規定された運動および共動部材間の相対的な往復運動の両方をするもの
344
内側部材については往復運動するベーンをもつもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
宮澤 茂行 MIYAZAWA, Shigeyuki; JP
代理人:
小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi; JP
富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi; JP
高嶋 一彰 TAKASHIMA, Kazuaki; JP
優先権情報:
2016-23231530.11.2016JP
発明の名称: (EN) VARIABLE DISPLACEMENT PUMP
(FR) POMPE À DÉPLACEMENT VARIABLE
(JA) 可変容量形ポンプ
要約:
(EN) The variable displacement pump pertaining to the present invention is notably configured such that the opening area of a variable metering orifice (MO) is variably controlled by means of a second control valve (6) which is a spool valve having a second spool valve body (61). When this kind of second control valve (6) is used, a larger amount of movement (stroke amount) of the second spool valve body (61) can be ensured. Consequently, the opening area of the variable metering orifice (MO) can be controlled without being restricted by a range of variation in the proper discharge amount based on an amount of movement of a cam ring (2), thereby achieving sufficient energy conservation of the pump.
(FR) La présente invention concerne une pompe à déplacement variable notamment conçue de telle sorte que la superficie d'ouverture d'un orifice de mesure (MO) variable est commandée de manière variable au moyen d'une seconde vanne de commande (6) qui est une vanne à tiroir ayant un second corps de vanne à tiroir (61). Lorsque ce type de seconde vanne de commande (6) est utilisé, une plus grande quantité de déplacement (quantité de course) du second corps de vanne à tiroir (61) peut être assurée. Par conséquent, la superficie d'ouverture de l'orifice de mesure (MO) variable peut être commandée sans être limitée par une plage de variation de la bonne quantité de sortie sur la base d'une quantité de déplacement d'un anneau de came (2), ce qui permet d'obtenir une conservation d'énergie suffisante de la pompe.
(JA) 本発明に係る可変容量形ポンプは、とりわけ、第2スプール弁体(61)を有するスプール弁としての第2制御弁(6)によって、可変メータリングオリフィス(MO)の開口面積を可変制御するように構成されている。このような第2制御弁(6)によれば、第2スプール弁体(61)の移動量(ストローク量)をより大きく確保することが可能となる。これにより、カムリング(2)の移動量に基づく固有吐出量の変化幅の制約を受けずに可変メータリングオリフィス(MO)の開口面積を制御でき、ポンプの十分な省エネ化を図ることができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)