このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018100866) 植物による有用タンパク質の生産方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/100866 国際出願番号: PCT/JP2017/035383
国際公開日: 07.06.2018 国際出願日: 29.09.2017
IPC:
C12P 21/02 (2006.01) ,A01H 5/00 (2006.01) ,C07K 14/415 (2006.01) ,C12N 9/24 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
H
新規植物またはそれらを得るための処理;組織培養技術による植物の増殖
5
開花植物,すなわち,被子植物
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
415
植物から
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
24
グリコシル化合物に作用するもの(3.2)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
キリン株式会社 KIRIN COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中野区中野四丁目10番2号 10-2, Nakano 4-chome, Nakano-ku, Tokyo 1640001, JP
発明者:
小原 一朗 OHARA, Kazuaki; JP
大川 博志 OKAWA, Hiroshi; JP
代理人:
紺野 昭男 KONNO, Akio; JP
井波 実 INAMI, Minoru; JP
伊藤 武泰 ITO, Takeyasu; JP
田村 慶政 TAMURA, Yoshimasa; JP
優先権情報:
2016-23331930.11.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING USEFUL PROTEIN BY MEANS OF PLANT
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE PROTÉINE UTILE À L’AIDE D’UNE PLANTE
(JA) 植物による有用タンパク質の生産方法
要約:
(EN) The present invention pertains to a method for producing a useful substance by means of a plant, the method comprising culturing, in a vessel, at least a portion of a plant body capable of producing a useful protein while said portion is kept immersed in a liquid culture medium so as to allow the plant body to proliferate. The present invention enables stable and efficient production of a useful protein by means of a plant.
(FR) L’invention concerne un procédé de production d’une substance utile à l’aide d’une plante, qui inclut une étape au cours de laquelle au moins une partie d’une plante permettant la production d’une protéine utile, est cultivée à l’état immergé dans un milieu de culture liquide, à l’intérieur d’un réceptacle, autorisant ainsi la prolifération de la plante. Selon l’invention, il est donc possible de produire de manière stable et efficace, une protéine utile à l’aide d’une plante.
(JA) 本発明は、容器内において、有用タンパク質の生産が可能な植物体の少なくとも一部を、液体培地に浸漬させたまま培養して、植物体を増殖させることを含む、植物による有用物質の生産方法に関する。本発明によれば、植物を用いて、有用タンパク質を、安定的かつ効率的に生産することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)