国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018100756) 油溶性プラセンタエキスの製造方法

Pub. No.:    WO/2018/100756    International Application No.:    PCT/JP2017/007835
Publication Date: Fri Jun 08 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Mar 01 00:59:59 CET 2017
IPC: A61K 8/98
A61P 17/16
A61Q 19/00
A61K 35/50
Applicants: HORUS CO., LTD.
株式会社ホルス
Inventors: MITSUI, Yukio
三井 幸雄
Title: 油溶性プラセンタエキスの製造方法
Abstract:
胎盤を細断する細断工程20と、細断工程20の後に、細断された胎盤を加熱する加熱工程30と、加熱工程30の後に、胎盤を凍結乾燥する凍結乾燥工程40と、凍結乾燥工程40の後に、凍結乾燥された胎盤を粉末状にする粉末化工程50と、粉末化工程50の後に、粉末化した胎盤にエーテルを加えて抽出を行う抽出工程60と、抽出工程60の後に、抽出液からエーテル画分以外を除去する除去工程70と、除去工程70の後に、抽出液に対して減圧乾燥を行い、リン含有成分を含んだ乾燥物を得る減圧乾燥工程80と、減圧乾燥工程80の後に、乾燥物を油に溶解する油溶解工程90とを有する。これにより、リン含有成分を含み、油性化粧品又は医薬部外品に配合できる油溶性プラセンタエキスの製造方法を提供できる。