国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018100612) イオン化装置及び質量分析装置

Pub. No.:    WO/2018/100612    International Application No.:    PCT/JP2016/085326
Publication Date: Fri Jun 08 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Nov 30 00:59:59 CET 2016
IPC: H01J 49/04
G01N 27/62
G01N 30/72
H01J 49/10
Applicants: SHIMADZU CORPORATION
株式会社島津製作所
Inventors: UEDA, Manabu
上田 学
Title: イオン化装置及び質量分析装置
Abstract:
キャピラリ(211)、金属細管(212)、ネブライズガス管(213)を含み、液体試料中の成分をESI法によりイオン化することが可能であるイオン化プローブ(21)からの噴霧流の進行方向前方に導電性キャピラリ(22)を設け、高電圧電源部(23)から導電性キャピラリ(22)に高電圧を印加してコロナ放電を生じさせることで、液体試料中の成分をAPCI法によってもイオン化する。装置のチューニング等の際には、導電性キャピラリ(22)に標準試料溶液を供給し、高電圧電源部(23)から導電性キャピラリ(22)に高電圧を印加してESI法により、又は、イオン化プローブ(21)で生成した溶媒分子イオンとのイオン-分子反応により標準試料溶液中の成分をイオン化する。これにより、配管の繋ぎ替えやまたバルブによる流路の切り替えを行うことなく、標準試料中の成分をイオン化して質量分析することができる。