このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018088501) 多能性幹細胞から体細胞への分化誘導方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/088501 国際出願番号: PCT/JP2017/040496
国際公開日: 17.05.2018 国際出願日: 09.11.2017
予備審査請求日: 27.04.2018
IPC:
C12N 5/10 (2006.01) ,A61K 35/34 (2015.01) ,A61K 35/545 (2015.01) ,A61P 9/00 (2006.01) ,A61P 21/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35
構造未知の物質または反応生成物を含有する医薬品製剤
12
哺乳動物または鳥類からの物質
34
筋肉;心臓
[IPC code unknown for A61K 35/545]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
21
筋または神経筋系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
国立大学法人大阪大学 OSAKA UNIVERSITY [JP/JP]; 大阪府吹田市山田丘1番1号 1-1, Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 5650871, JP
国立大学法人京都大学 KYOTO UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市左京区吉田本町36番地1 36-1, Yoshida-honmachi, Sakyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6068501, JP
発明者:
関口 清俊 SEKIGUCHI, Kiyotoshi; JP
戎 富美 EBISU, Fumi; JP
櫻井 英俊 SAKURAI, Hidetoshi; JP
趙 明明 ZHAO, Mingming; JP
齋藤 潤 SAITO, Megumu; JP
代理人:
岩谷 龍 IWATANI, Ryo; JP
優先権情報:
2016-22099411.11.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR INDUCING DIFFERENTIATION OF PLURIPOTENT STEM CELLS INTO SOMATIC CELLS
(FR) PROCÉDÉ POUR INDUIRE LA DIFFÉRENCIATION DE CELLULES SOUCHES PLURIPOTENTES EN CELLULES SOMATIQUES
(JA) 多能性幹細胞から体細胞への分化誘導方法
要約:
(EN) Provided is a method for inducing differentiation of pluripotent stem cells into somatic cells using a medium containing heparin binding growth factor, characterized by comprising contacting starting cells with a conjugate in which a laminin E8 fragment is bound to a fragment containing the growth factor-binding site of heparan sulfate proteoglycan. According to the present invention, differentiation of pluripotent stem cells into arbitrary somatic cells can be induced at a high efficiency.
(FR) L'invention concerne un procédé pour induire la différenciation de cellules souches pluripotentes en cellules somatiques à l'aide d'un milieu contenant un facteur de croissance de liaison à l'héparine, caractérisé en ce qu'il comprend la mise en contact de cellules de départ avec un conjugué dans lequel un fragment E8 de laminine est lié à un fragment contenant le site de liaison au facteur de croissance du protéoglycane à sulfate d'héparane. Selon la présente invention, la différenciation de cellules souches pluripotentes en cellules somatiques arbitraires peut être induite à un rendement élevé.
(JA) 多能性幹細胞を、ヘパリン結合性増殖因子を含む培地を用いて体細胞に分化誘導する方法において、ラミニンE8フラグメントとヘパラン硫酸プロテオグリカンの増殖因子結合部位を含むフラグメントとが連結したコンジュゲートを細胞に接触させることを特徴とする分化誘導方法を提供する。本発明により、多能性幹細胞から任意の体細胞へ高効率で分化誘導することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)