国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018088291) 可動反射素子

Pub. No.:    WO/2018/088291    International Application No.:    PCT/JP2017/039489
Publication Date: Fri May 18 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Nov 02 00:59:59 CET 2017
IPC: G02B 26/08
B81B 3/00
G02B 5/08
G02B 26/10
Applicants: DAI-ICHI SEIKO CO., LTD.
第一精工株式会社
Inventors: OGATA Kenji
緒方 健治
KUROGI Shogo
黒木 省吾
Title: 可動反射素子
Abstract:
アクチュエータ部(140)は、圧電素子が形成されており、一端が固定枠(110)の内辺に接続し、固定枠(110)と鏡面部(130)との隙間をY軸方向に沿って、一端から鏡面部(130)の外辺の中点(N)を超えて直線状に延びるアーム始端部(141)と、一端が鏡面部(130)の外辺の中点(N)と接続され、アーム始端部(141)と平行に延びるアーム終端部(142)と、Y軸方向に沿って延びるアーム連結部(143B)と、アーム始端部(141)と平行に延び圧電素子が形成されたアーム伸長部(143A)とが交互に連結されてつづら折りに形成され、アーム始端部(141)の他端とアーム終端部(142)の他端との間を連結するアーム中継部(143)と、を備える。