国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018088070) 高温雰囲気で使用される管体及び管体の内表面に金属酸化物層を形成する方法

Pub. No.:    WO/2018/088070    International Application No.:    PCT/JP2017/036071
Publication Date: Fri May 18 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Thu Oct 05 01:59:59 CEST 2017
IPC: C23C 8/14
B22D 29/00
B23K 35/30
C22C 19/05
C22C 38/00
C22C 38/40
C22C 38/60
Applicants: KUBOTA CORPORATION
株式会社クボタ
Inventors: MATSUBARA Motoyuki
松原 基行
HASHIMOTO Kunihide
橋本 国秀
YAMAGUCHI Hiroshi
山口 宏
TOMITA Masayuki
富田 雅之
Title: 高温雰囲気で使用される管体及び管体の内表面に金属酸化物層を形成する方法
Abstract:
本発明は、高温雰囲気で使用される管体及び管体の内表面に高い面積率で安定して金属酸化物層を形成する方法を提供する。 本発明に係る高温雰囲気で使用される管体は、質量%にて、Cr:15%以上、及び、Ni:18%以上を含有する耐熱合金から構成され、内表面は、三次元表面粗さの算術平均粗さ(Sa)が1.5≦Sa≦5.0、且つ、表面高さ分布の偏り度(Ssk)が|Ssk|≦0.30である。前記耐熱合金は、質量%にて、Al:2.0%以上を含有することができる。前記内表面は、三次元表面粗さの表面高さ分布の尖り度(Sku)がSku≧2.5とすることができる。