国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018087995) 地下土壌浄化方法

Pub. No.:    WO/2018/087995    International Application No.:    PCT/JP2017/031016
Publication Date: Fri May 18 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Aug 30 01:59:59 CEST 2017
IPC: B09C 1/10
B09C 1/02
B09C 1/08
Applicants: TAKENAKA CORPORATION
株式会社竹中工務店
TAKENAKA CIVIL ENGINEERING & CONSTRUCTION CO.,LTD.
株式会社竹中土木
Inventors: INABA, Kaoru
稲葉 薫
YAMAZAKI, Yuji
山▲崎▼ 祐二
SHIMIZU, Takaaki
清水 孝昭
OKUDA, Nobuyasu
奥田 信康
FURUKAWA, Yasuhide
古川 靖英
NAKASHIMA, Tomohiro
中島 朋宏
KIYOTOMO, Haruka
清塘 悠
MUKAI, Kazuhiro
向井 一洋
FUNAKAWA, Masafumi
舟川 将史
HASEGAWA, Ai
長谷川 愛
OMURA, Keisuke
大村 啓介
TANABE, Kota
田邉 康太
Title: 地下土壌浄化方法
Abstract:
地下土壌中の汚染物質を分解する分解微生物を活性化する活性液を、地下水温度より高温に加温し地中に設けられた注入井戸へ注入することにより前記地下土壌中へ送出する、前記地下土壌中の前記汚染物質を分解する前記分解微生物が混入され前記分解微生物を活性化する前記活性液を、前記地下水温度より高温に加温し前記地中に設けられた前記注入井戸へ注入することにより前記地下土壌中へ送出する、又は前記地下土壌中の前記汚染物質を分解する浄化液を、地下水温度より高温に加温し前記地中に設けられた前記注入井戸へ注入することにより前記地下土壌中へ送出する、とともに、前記注入井戸へ空気を圧入し、前記活性液又は前記浄化液が送出される前記注入井戸の位置よりも下方の前記注入井戸の位置から前記地下土壌中へ前記空気を送出する地下土壌浄化方法。