国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018087993) 樹脂ファイバの製造方法、これに用いられるノズルヘッド及び製造装置

Pub. No.:    WO/2018/087993    International Application No.:    PCT/JP2017/030936
Publication Date: Fri May 18 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Aug 30 01:59:59 CEST 2017
IPC: D01D 5/08
D01D 4/02
D04H 3/16
Applicants: KANSAI ELECTRONICS CO., LTD.
関西電子株式会社
Inventors: KONDO Masahiro
近藤 正博
SHINJI Kunihiro
進士 国広
SHINJI Kiyotaka
進士 清孝
Title: 樹脂ファイバの製造方法、これに用いられるノズルヘッド及び製造装置
Abstract:
高い操業性をもって生産量を高めることができる樹脂ファイバの製造方法、これに用いられるノズルヘッド及び製造装置の提供。 高圧ガス流で熱可塑性樹脂を延伸させる極細長繊維である樹脂ファイバの製造方法である。高圧ガス噴出口からのガス流が吐出口に負圧を与えて吐出口内部の溶融樹脂をその外部に引き出し延伸させながら空中に放出させ溶融樹脂を冷却させながら延伸することを特徴とする。製造装置は、バレル内のスクリューで樹脂を溶融させながらバレル先端のノズルから溶融樹脂を押し出す押出機と、ノズルの先端に取り付けられたノズルヘッドと、を含み、ノズルヘッドは、略鉛直なフェイス面に、溶融樹脂を押し出す吐出口と、吐出口内部の溶融樹脂をその外部に引き出し延伸させながら空中に放出させるよう吐出口近傍に設けられて略水平にガス流を形成する高圧ガス噴出口と、を含み、吐出口の径を0.5mm以上としたことを特徴とする。