国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018084124) 分泌型IgA分泌促進用組成物

Pub. No.:    WO/2018/084124    International Application No.:    PCT/JP2017/039209
Publication Date: Sat May 12 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Wed Nov 01 00:59:59 CET 2017
IPC: A61K 36/03
A61K 31/737
A61P 31/04
A61P 37/04
A61P 37/08
A61P 43/00
Applicants: KANEHIDE BIO CO.,LTD.
金秀バイオ株式会社
Inventors: MIYAGI, Mikio
宮城 幹夫
INAFUKU, Keiichiro
稻福 桂一郎
IKEHARA, Yukari
池原 ゆかり
Title: 分泌型IgA分泌促進用組成物
Abstract:
本発明の目的は、日常的に摂取可能である程度の安全性があり、かつ、連続的かつ被験者年齢に非依存的に唾液中のs-IgAの分泌を促進する作用を有する組成物を提供することにある。 上記目的は、1日摂取量が1,000mg以上であるオキナワモズク由来フコイダンを有効成分として含有する、分泌型IgA分泌促進用組成物により解決される。これらの組成物によれば、粘膜免疫賦活効果、抗感染症効果及び抗アレルギー効果を奏し、これらの効果が期待される疾患や症状、例えば、細菌性感染症、ウイルス性感染症、原虫性感染症、食物アレルギー、花粉症、胃炎、腸炎、下痢、潰瘍性大腸炎、鼻炎、気管支炎、気管支喘息、レフレル症候群、口内炎などやこれらによる症状を改善、緩和、抑制、治療若しくは予防すること、又は免疫療法や免疫寛容の用に供することが期待できる。