国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018079749) 減速機構、及び減速機構付きフレームアレスタ

Pub. No.:    WO/2018/079749    International Application No.:    PCT/JP2017/039007
Publication Date: Fri May 04 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Sat Oct 28 01:59:59 CEST 2017
IPC: F23D 14/82
Applicants: KANEKO SANGYO CO., LTD.
金子産業株式会社
SAITAMA UNIVERSITY
国立大学法人埼玉大学
Inventors: OKINO, Fumitake
沖野 史岳
ABE, Kazuomi
阿部 和臣
OBARA, Tetsuro
小原 哲郎
MAEDA, Shinichi
前田 慎市
Title: 減速機構、及び減速機構付きフレームアレスタ
Abstract:
本発明は、所望の消炎性能を確保しつつ、圧力損失の低減を図った減速機構及び、減速機構付きフレームアレスタを提供することを目的とする。 減速機構(4)は、可燃性の流体が流れる配管(2)に設けられて当該配管内を伝播する火炎を消炎するためのフレームアレスタ(3)の配管の軸方向の少なくとも一方側に設けられて、この配管内を伝播する火炎伝播速度を減速させるためものであり、配管(2)の軸方向に連通するように筒状に構成され、その内面(40)が、軸に非平行な非平行面(5B)、(5C)、(42C)を複数有し、複数の非平行面が、軸方向に並んで設けられ、配管の軸方向に連通する第1連通部(50A)と第2連通部(150B)とを交互に備え、第1連通部が、1つの開口からなり、第2連通部が、開口より狭い貫通領域(T)に、複数の貫通孔(150)が穿たれてなる。