このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018079719) PGC-1α活性化用組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/079719 国際出願番号: PCT/JP2017/038930
国際公開日: 03.05.2018 国際出願日: 27.10.2017
IPC:
A61K 31/12 (2006.01) ,A61K 31/194 (2006.01) ,A61K 31/34 (2006.01) ,A61K 31/341 (2006.01) ,A61K 31/352 (2006.01) ,A61K 31/56 (2006.01) ,A61K 31/7034 (2006.01) ,A61K 31/704 (2006.01) ,A61K 31/7048 (2006.01) ,A61P 3/00 (2006.01) ,A61P 3/02 (2006.01) ,A61P 3/04 (2006.01) ,A61P 3/10 (2006.01) ,A61P 21/00 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
12
ケトン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
185
酸;その無水物,ハロゲン化物または塩,例.硫黄の酸,イミド酸,ヒドラゾン酸,ヒドロキシム酸
19
カルボン酸,例.バルプロ酸
194
2個以上のカルボキシル基を持つもの,例.コハク酸,マレイン酸,フタル酸
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
335
環異種原子として酸素のみを持つもの,例.フンギクロミン
34
環異種原子として1個の酸素のみを有する5員環を持つもの,例.イソソルビド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
335
環異種原子として酸素のみを持つもの,例.フンギクロミン
34
環異種原子として1個の酸素のみを有する5員環を持つもの,例.イソソルビド
341
他の環と縮合していないもの,例.ラニチジン,フロセミド,ブフェトロール,ムスカリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
335
環異種原子として酸素のみを持つもの,例.フンギクロミン
35
異種原子として1個の酸素のみを有する6員環を持つもの
352
炭素環と縮合したもの,例.カンナビノール,メタンテリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
56
シクロペンタヒドロフェナントレン環系を含む化含物,倒,ステロイドまたはそれから誘導される化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7028
グリコシド結合により,糖類でない化合物と結合した糖類基を持つ化合物
7034
炭素環と結合したもの,例.フロリジン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7028
グリコシド結合により,糖類でない化合物と結合した糖類基を持つ化合物
7034
炭素環と結合したもの,例.フロリジン
704
縮合炭素環系に結合したもの,例.センノシド,チオコルチコシド,エスシン,ダウノルビシン,ジギトキシン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7042
糖類基と複素環とを持つ化合物
7048
環構成異種原子として酸素原子を持つもの,例.ロイコグルコサン,へスペリジン,エリスロマイシン,ナイスタチン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
02
栄養剤,例.ビタミン,ミネラル
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
04
食欲減退薬;抗肥満薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
08
グルコースホメオスタシスのためのもの
10
過血糖症のためのもの,例.糖尿病治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
21
筋または神経筋系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
サントリーホールディングス株式会社 SUNTORY HOLDINGS LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1番40号 1-40, Dojimahama 2-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308203, JP
発明者:
三浦 進司 MIURA, Shinji; JP
守田 昭仁 MORITA, Akihito; JP
村山 宣人 MURAYAMA, Norihito; JP
鈴木 寿栄 SUZUKI, Toshihide; JP
代理人:
小野 新次郎 ONO, Shinjiro; JP
山本 修 YAMAMOTO, Osamu; JP
宮前 徹 MIYAMAE, Toru; JP
中西 基晴 NAKANISHI, Motoharu; JP
武田 健志 TAKEDA, Kenji; JP
優先権情報:
2016-21111027.10.2016JP
発明の名称: (EN) COMPOSITION FOR ACTIVATING PGC-1α
(FR) COMPOSITION POUR ACTIVATION DE PGC-1α
(JA) PGC-1α活性化用組成物
要約:
(EN) The purpose of the invention is to provide a composition that has high biological safety and contributes to the activation of PGC-1α. Also, the purpose of the invention is to provide a use for said composition for activating PGC-1α and a method for activating PGC-1α. It was found that a specific compound, among naturally occurring compounds, has a PGC-1α activating action. The invention provides a novel and effective means contributing to improving endurance, increasing muscle size, suppressing obesity, reducing stress, improving sugar metabolic functions, and suppressing muscular atrophy.
(FR) L’invention a pour objet de fournir une composition présentant une biosécurité élevée, et contribuant à l’activation de PGC-1α. En outre, l’invention a pour objet de fournir une application de cette composition destinée à activer PGC-1α, et un procédé activant PGC-1α. Un composé spécifique parmi des composés dérivés de produits naturels, présente un effet activateur de PGC-1α. Enfin, l’invention fournit un moyen efficace et nouveau participant à améliorer l’endurance, accroître les muscles, inhiber l’obésité, réduire le stress, améliorer le métabolisme des glucides, et inhiber l’atrophie musculaire.
(JA) 生物安全性が高く、PGC-1αの活性化に寄与する組成物を提供することを目的とする。また、PGC-1αを活性化するための組成物の使用、及びPGC-1αを活性化する方法を提供することを目的とする。 天然物由来の化合物の中から特定の化合物がPGC-1αの活性化作用を有することを見出した。本発明は、持久力の向上、筋肥大、肥満抑制、ストレス軽減、糖代謝機能の改善、及び筋委縮抑制に資する、効果的且つ新たな手段を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)