このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018079702) ラクトフェリン/アルブミン融合タンパク質及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/079702 国際出願番号: PCT/JP2017/038866
国際公開日: 03.05.2018 国際出願日: 27.10.2017
IPC:
C12N 15/09 (2006.01) ,A01K 67/027 (2006.01) ,A61K 38/38 (2006.01) ,A61K 38/40 (2006.01) ,A61P 9/10 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,A61P 39/04 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07K 14/765 (2006.01) ,C07K 14/79 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
K
畜産;鳥,魚,昆虫の飼育;漁業;他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
67
他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
027
新規な脊椎動物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
17
動物由来;ヒト由来
38
アルブミン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
16
21以上のアミノ酸をもつペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
17
動物由来;ヒト由来
40
トランスフェリン,例.ラクトフェリン,オボトランスフェリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
10
虚血,アテローム性動脈硬化症の治療のためのもの,例.抗アンギナ,冠状動脈拡張剤,心筋梗塞,網膜症,脳血流障害,腎臓細動脈硬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
39
一般的保護剤または解毒剤
04
キレート剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
76
アルブミン
765
血清アルブミン,例.HSA
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
79
トランスフェリン,例.ラクトフェリン,オボトランスフェリン
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
株式会社NRLファーマ NRL PHARMA, INC. [JP/JP]; 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟 East Bldg. KSP, 3-2-1, Sakado, Takatsu-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa 2130012, JP
発明者:
佐藤 淳 SATO Atsushi; JP
加賀谷 伸治 KAGAYA Shinji; JP
代理人:
小林 浩 KOBAYASHI Hiroshi; JP
今里 崇之 IMAZATO Takayuki; JP
鈴木 康仁 SUZUKI Yasuhito; JP
優先権情報:
2016-21207728.10.2016JP
2017-04489309.03.2017JP
発明の名称: (EN) LACTOFERRIN/ALBUMIN FUSION PROTEIN AND PRODUCTION METHOD THEREFOR
(FR) PROTÉINE DE FUSION LACTOFERRINE/ALBUMINE ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) ラクトフェリン/アルブミン融合タンパク質及びその製造方法
要約:
(EN) The present invention provides a lactoferrin fusion protein having high clinical utility and a production method therefor. The present invention further provides: a lactoferrin fusion protein that retains the biological activity of native lactoferrin while having a significantly extended in vivo life span, and that has more clinical utility than native lactoferrin and recombinant lactoferrin; and a production method therefor. With this fusion protein or a variant thereof, the ability of lactoferrin to bind iron is retained, and therefore at least the important biological activity of lactoferrin that is based on the iron-binding ability is retained. Additionally, this fusion protein or variant thereof has bioavailability and resistance to protease, and thus can exhibit biological activity in vivo over a long period. Furthermore, this fusion protein is not easily broken down by pepsin in the stomach.
(FR) La présente invention concerne une protéine de fusion lactoferrine présentant une utilité clinique élevée et son procédé de production. La présente invention concerne en outre : une protéine de fusion lactoferrine qui conserve l'activité biologique de la lactoferrine d'origine naturelle tout en présentant une durée de vie in vivo significativement étendue, et qui présente plus d'utilité clinique que la lactoferrine d'origine naturelle et la lactoferrine recombinante; et son procédé de production. Grâce à cette protéine de fusion ou son variant, la capacité de la lactoferrine à se lier au fer est conservée, et par conséquent au moins l'activité biologique importante de la lactoferrine qui est basée sur la capacité de liaison au fer est conservée. De plus, cette protéine de fusion ou son variant présente une biodisponibilité et une résistance à la protéase, et ainsi peut faire preuve d'activité biologique in vivo sur une longue durée. En outre, cette protéine de fusion n'est pas facilement décomposée par la pepsine dans l'estomac.
(JA) 本発明は、臨床的有用性の高いラクトフェリン融合タンパク質及びその製造方法等を提供する。さらに、本発明は、天然ラクトフェリンの生物活性を保持し体内寿命が有意に延長されており、天然ラクトフェリン及び遺伝子組換え型ラクトフェリンよりも臨床的有用性に優れるラクトフェリン融合タンパク質及びその製造方法等を提供する。本発明の融合タンパク質はその改変体は、ラクトフェリンが有する鉄の結合能が保持されており、したがって、少なくとも鉄結合能に基づくラクトフェリンの重要な生物活性が保持されている。また、生体学的利用能、プロテアーゼに対する抵抗性を有しているため、体内で長時間にわたって生物活性を発揮することができる。さらに、本発明の融合タンパク質は、胃でのペプシンによる消化分解を受けにくくなるという特徴を有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)