このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018079627) 光学フィルム、製造方法、及び多層フィルム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/079627 国際出願番号: PCT/JP2017/038580
国際公開日: 03.05.2018 国際出願日: 25.10.2017
IPC:
B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/40 (2006.01) ,C09D 5/00 (2006.01) ,C09D 175/04 (2006.01) ,C09J 7/20 (2018.01) ,C09J 175/04 (2006.01) ,B05D 7/04 (2006.01) ,B05D 7/24 (2006.01) ,C08G 61/08 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
40
ポリウレタンからなるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリウレタン
[IPC code unknown for C09J 7/20]
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
02
高分子の物質に適用するもの,例.ゴム
04
薄膜またはシートの表面に適用するもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24
特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
61
高分子の主鎖に炭素―炭素連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02
高分子の主鎖に炭素原子のみを含む高分子化合物,例.ポリキシリレン
04
脂肪族炭素原子のみを含むもの
06
炭素環式化合物の開環によりつくられるもの
08
環中に1個またはそれ以上の炭素―炭素二重結合を含む炭素環式化合物の
出願人:
日本ゼオン株式会社 ZEON CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番2号 6-2, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008246, JP
発明者:
幸本 壮悟 KOMOTO, Sogo; JP
代理人:
特許業務法人酒井国際特許事務所 SAKAI INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区霞が関3丁目8番1号 虎の門三井ビルディング Toranomon Mitsui Building, 8-1, Kasumigaseki 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000013, JP
優先権情報:
2016-21310931.10.2016JP
発明の名称: (EN) OPTICAL FILM, PRODUCTION METHOD AND MULTILAYER FILM
(FR) FILM OPTIQUE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION ET FILM MULTICOUCHE
(JA) 光学フィルム、製造方法、及び多層フィルム
要約:
(EN) An optical film which comprises a first layer and a highly adhesive layer that is provided on at least one surface of the first layer, and wherein: the first layer is a layer of a crystallized resin that contains an alicyclic structure-containing polymer; and the highly adhesive layer is a layer of a urethane resin. A method for producing an optical film, which comprises: a step (1) wherein a crystalline resin film having a crystallinity of less than 3% is obtained by molding a crystalline resin that contains an alicyclic structure-containing polymer; a step (2) wherein a highly adhesive layer is formed on the surface of the crystalline resin film, thereby obtaining a multilayer product that comprises the crystalline resin film and the highly adhesive layer; and a step (4) wherein the crystalline resin film in the multilayer product is crystallized.
(FR) L'invention concerne un film optique comprenant une première couche et une couche hautement adhésive qui est disposée sur au moins une surface de la première couche, et dans lequel : la première couche est une couche d'une résine cristallisée qui contient un polymère contenant une structure alicyclique; et la couche hautement adhésive est une couche d'une résine d'uréthane. L'invention concerne également un procédé de fabrication d'un film optique, qui comprend : une étape (1) dans laquelle un film de résine cristalline ayant une cristallinité inférieure à 3 % est obtenu par moulage d'une résine cristalline qui contient un polymère contenant une structure alicyclique; une étape (2) dans laquelle une couche hautement adhésive est formée sur la surface du film de résine cristalline, ce qui permet d'obtenir un produit multicouche qui comprend le film de résine cristalline et la couche hautement adhésive; et une étape (4) dans laquelle le film de résine cristalline dans le produit multicouche est cristallisé.
(JA) 第1の層と、前記第1の層の少なくとも一方の面上に設けられる易接着層とを含む光学フィルムであって、前記第1の層は、脂環式構造含有重合体を含む結晶化樹脂の層であり、前記易接着層は、ウレタン樹脂の層である、光学フィルム等;並びに脂環式構造含有重合体を含む結晶性樹脂を成形し、結晶化度3%未満の結晶性樹脂フィルムを得る工程(1)、前記結晶性樹脂フィルムの面上に易接着層を形成し、前記結晶性樹脂フィルム及び前記易接着層を含む複層物を得る工程(2)、及び前記複層物における前記結晶性樹脂フィルムを結晶化させる工程(4)を含む、光学フィルムの製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)