このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018079546) 樹脂フィルム付きガラスロール
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/079546 国際出願番号: PCT/JP2017/038353
国際公開日: 03.05.2018 国際出願日: 24.10.2017
IPC:
C03C 17/32 (2006.01) ,B32B 17/10 (2006.01) ,C03B 40/033 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17
繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
28
有機物質によるもの
32
合成または天然樹脂によるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
17
本質的にシートガラス,またはガラス,スラグまたは類似の繊維からなる積層体
06
層の主なまたは唯一の構成要素がガラスからなり,特定物質の他の層に隣接したもの
10
合成樹脂の層に隣接したもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
40
ガラスとガラス間またはガラスと成形手段間の粘着防止
02
潤滑によるもの;離型剤または潤滑剤としての材料の使用
033
ガラス間の接着防止手段
出願人:
日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP/JP]; 大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号 1-2, Shimohozumi 1-chome, Ibaraki-shi, Osaka 5678680, JP
発明者:
村重 毅 MURASHIGE Takeshi; JP
稲垣 淳一 INAGAKI Junichi; JP
細川 和人 HOSOKAWA Kazuhito; JP
仲井 宏太 NAKAI Kota; JP
菅野 敏広 KANNO Toshihiro; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
大塚 文昭 OHTSUKA Fumiaki; JP
西島 孝喜 NISHIJIMA Takaki; JP
須田 洋之 SUDA Hiroyuki; JP
上杉 浩 UESUGI Hiroshi; JP
近藤 直樹 KONDO Naoki; JP
優先権情報:
2016-20975226.10.2016JP
発明の名称: (EN) GLASS ROLL WITH RESIN FILM
(FR) ROULEAU EN VERRE AVEC FILM DE RÉSINE
(JA) 樹脂フィルム付きガラスロール
要約:
(EN) A glass film-resin composite is provided which makes it possible to obtain an elongate (for example, at least 500m long) glass roll. This glass roll with resin film comprises a glass film and a resin film laminated on at least one surface of the glass film with an adhesive interposed therebetween, and is characterized in that, in a 23°C, 50% RH environment, the creep a of the adhesive when a tensile shear load of 5g/mm2 per unit surface area of the adhesive is applied for 48 hours to the resin film in a state in which the glass film has been fixed is less than or equal to 50 μm.
(FR) La présente invention concerne un composite de résine-film de verre qui permet d'obtenir un rouleau en verre allongé (par exemple, d'au moins 500 m de long). Ce rouleau en verre ayant un film de résine comprend un film de verre et un film de résine stratifié sur au moins une surface du film de verre ayant un adhésif interposé entre eux, et est caractérisé en ce que, dans un environnement de 23 °C, 50 % HR, le fluage (a) de l'adhésif lorsqu'une charge de cisaillement sous traction de 5 g/mm2 par surface unitaire de l'adhésif est appliquée durant 48 heures au film de résine sous un état dans lequel le film de verre a été fixé est inférieure ou égale à 15 μm.
(JA) 長尺状(例えば、長さ500m以上)のガラスロールを得ることが可能なガラスフィルム-樹脂複合体を提供する。 ガラスフィルムと、該ガラスフィルムの少なくとも一方の面に接着剤を介して積層された樹脂フィルムとを有する、樹脂フィルム付きガラスロールであって、23℃50%RHの環境下において、前記ガラスフィルムが固定された状態で前記樹脂フィルムに対し、前記接着剤の単位面積あたりの引張せん断荷重5g/mm2を48時間加えた際の該接着剤のクリープ量aが、50μm以下であることを特徴とする、樹脂フィルム付きガラスロール。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)