このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018074259) カップの製造方法及び製造装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/074259 国際出願番号: PCT/JP2017/036446
国際公開日: 26.04.2018 国際出願日: 06.10.2017
IPC:
B29C 51/26 (2006.01) ,B29C 51/08 (2006.01) ,B23K 26/361 (2014.01) ,B65B 47/02 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
51
熱成形,例.マッチドモールド中におけるシートの成形または深絞りによる成形;そのための装置
26
構成部品,細部または付属装置;補助操作
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
51
熱成形,例.マッチドモールド中におけるシートの成形または深絞りによる成形;そのための装置
08
深絞りまたはマッチドモールド成形,即ち機械的手段のみを用いるもの
[IPC code unknown for B23K 26/361]
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
B
物品または材料を包装するための機械,器具,装置または方法;荷解
47
シート,ブランク,またはウエブにまたはそれらからポケットまたは入れ物を製作する装置または器具で,それらは本質的に材料がその中で圧縮されるダイス,または材料がそれを通って動かされる折り畳みダイスから構成されているもの
02
形成する前に材料を加熱する手段をもったもの
出願人:
株式会社菊水製作所 KIKUSUI SEISAKUSHO LTD. [JP/JP]; 京都府京都市中京区西ノ京南上合町104番地 104, Minamikamiai-cho, Nishinokyo, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6048483, JP
第一三共株式会社 DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号 3-5-1, Nihonbashi Honcho, Chou-ku, Tokyo 1038426, JP
発明者:
大山 潤 OYAMA, Jun; JP
長池 剛 NAGAIKE, Tsuyoshi; JP
代理人:
赤澤 一博 AKAZAWA, Kazuhiro; JP
優先権情報:
2016-20390617.10.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD AND DEVICE FOR PRODUCING CUP
(FR) PROCÉDÉ ET DISPOSITIF DE FABRICATION DE COUPE
(JA) カップの製造方法及び製造装置
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to simply and reliably cut off the remainder of a sheet present on an opening of a cup having a certain volume, when the cup is moulded from the sheet. A method for producing a cup according to the present invention is provided with: a moulding step in which a cup having a certain volume is moulded from a sheet; and a processing step in which a part of the circumferential wall of the cup, said part protruding from the remainder of the sheet, is irradiated with a laser beam from a direction intersecting the circumferential wall, in order to cut the remainder of the sheet from the cup.
(FR) Selon le procédé de fabrication de coupe de l’invention lors du moulage à partir d’une feuille d’une coupe possédant un volume, une partie restante d’une feuille demeurant sur une partie ouverture de cette coupe est coupée facilement et de manière sûre. Le procédé de l’invention comporte : une étape de moulage au cours de laquelle la coupe possédant un volume est moulée à partir de la feuille ; et une étape d’usinage au cours de laquelle la partie restante de ladite feuille est détachée de ladite coupe, et une zone d’une paroi périphérique de la coupe en saillie par rapport à la partie restante de la feuille, est irradiée par une lumière laser de direction sécante à cette paroi périphérique.
(JA) シートから容積を持つカップを成形する場合に当該カップの開口部に存留するシートの残部を簡便かつ確実に切除すべく、本発明に係るカップの製造方法は、シートから容積を持つカップを成形する成形工程と、前記カップから前記シートの残部を切り取るべく、シートの残部から突出しているカップの周壁の部位に、当該周壁に対して交差する方向からレーザ光を照射する加工工程とを具備する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)