このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018073882) ドライブプーリの製造方法及びその製造システムと、ローラ組付装置、ピース取付装置及びボス挿通装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/073882 国際出願番号: PCT/JP2016/080772
国際公開日: 26.04.2018 国際出願日: 18.10.2016
IPC:
F16H 9/18 (2006.01) ,F16H 55/36 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
9
無端可撓部材による可変変速比をもった回転運動伝達用または逆転伝動装置
02
遊星運動をする部材のないもの
04
ベルト,Vベルトまたはロープを用いるもの
12
ベルトがベルト支持部材を介在せず直接プーリの対向するフランジに係合しており,相対的に軸方向調整可能な部材よりなるプーリに係合しているもの
16
ともに調整可能の円すい形部品から組み立てた2個のプーリを用いるもの
18
各プーリの1個だけのフランジが調整できるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
55
運動伝達用の歯または摩擦面をもつ要素;伝動機構用のウォーム、プーリまたは綱車
32
摩擦部材
36
プーリ
出願人:
本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区南青山二丁目1番1号 1-1, Minami-Aoyama 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1078556, JP
発明者:
石堂徳寿 ISHIDO Norihisa; JP
松本雅博 MATSUMOTO Masahiro; JP
安永博敬 YASUNAGA Hiroyuki; JP
代理人:
千葉剛宏 CHIBA Yoshihiro; JP
宮寺利幸 MIYADERA Toshiyuki; JP
千馬隆之 SENBA Takayuki; JP
大内秀治 OUCHI Hideharu; JP
仲宗根康晴 NAKASONE Yasuharu; JP
坂井志郎 SAKAI Shiro; JP
関口亨祐 SEKIGUCHI Kosuke; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) MANUFACTURING METHOD FOR DRIVE PULLEY AND MANUFACTURING SYSTEM THEREFOR, ROLLER ASSEMBLY DEVICE, PIECE ATTACHMENT DEVICE AND BOSS INSERTION DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE POULIE D'ENTRAÎNEMENT ET SON SYSTÈME DE FABRICATION, DISPOSITIF D'ASSEMBLAGE DE ROULEAU, DISPOSITIF DE FIXATION DE PIÈCE ET DISPOSITIF D'INSERTION DE BOSSAGE
(JA) ドライブプーリの製造方法及びその製造システムと、ローラ組付装置、ピース取付装置及びボス挿通装置
要約:
(EN) The present invention pertains to a manufacturing method for a drive pulley (10) and a manufacturing system (50) therefor. The manufacturing system (50) is configured by including a roller assembly device (200), a piece attachment device (300) and a boss insertion device (400). Each of the devices (200, 300, 400) is arranged on the periphery of a rotating table (52) for transport. A first receptacle (54) for receiving a movable face (12) and a second receptacle (56) for receiving a ramp plate (18) are provided on the rotating table (52) for transport.
(FR) La présente invention concerne un procédé de fabrication d'une poulie d'entraînement (10) et son système de fabrication (50). Le système de fabrication (50) est conçu en incluant un dispositif d'assemblage de rouleau (200), un dispositif de fixation de pièce (300) et un dispositif d'insertion de bossage (400). Chacun des dispositifs (200, 300, 400) est agencé sur la périphérie d'une table rotative (52) pour le transport. Un premier récipient (54) destiné à recevoir une face mobile (12) et un second récipient (56) destiné à recevoir une plaque de rampe (18) sont prévus sur la table rotative (52) pour le transport.
(JA) 本発明は、ドライブプーリ(10)の製造方法及びその製造システム(50)に関する。製造システム(50)は、ローラ組付装置(200)と、ピース取付装置(300)と、ボス挿通装置(400)とを含んで構成される。各装置(200、300、400)は、移送用回転テーブル(52)の円周上に配設される。移送用回転テーブル(52)上には、ムーバブルフェース(12)を受ける第1受皿(54)と、ランププレート(18)を受ける第2受皿(56)とが設けられる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)