このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018070384) 蛍光体とその製造方法、及び発光装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/070384 国際出願番号: PCT/JP2017/036689
国際公開日: 19.04.2018 国際出願日: 10.10.2017
IPC:
C09K 11/73 (2006.01) ,F21V 9/16 (2006.01) ,H01L 33/50 (2010.01) ,F21Y 115/10 (2016.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
08
無機発光性物質を含有するもの
70
りんを含むもの
72
さらにハロゲンを含むもの,例.ハロリン酸塩
73
さらにアルカリ土類金属を含むもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
21
照明
V
他に分類されない,照明装置またはそのシステムの機能的特徴あるいは細部;照明装置とその他の物品との構造的な組み合わせ
9
光フィルタ;光スクリーン用の発光物質の選択
16
光スクリーンの発光物質の選択
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33
光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48
半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
50
波長変換要素
[IPC code unknown for F21Y 115/10]
出願人:
株式会社 東芝 KABUSHIKI KAISHA TOSHIBA [JP/JP]; 東京都港区芝浦一丁目1番1号 1-1, Shibaura 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058001, JP
東芝マテリアル株式会社 TOSHIBA MATERIALS CO., LTD. [JP/JP]; 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8番地 8, Shinsugita-cho, Isogo-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2358522, JP
発明者:
松田 直寿 MATSUDA Naotoshi; JP
糸賀 達規 ITOGA Tatsunori; JP
山川 昌彦 YAMAKAWA Masahiko; JP
竹村 博文 TAKEMURA Hirofumi; JP
白川 康博 SHIRAKAWA Yasuhiro; JP
代理人:
特許業務法人サクラ国際特許事務所 SAKURA PATENT OFFICE, P.C.; 東京都千代田区内神田一丁目18番14号 ヨシザワビル Yoshizawa Bldg., 18-14, Uchikanda 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010047, JP
優先権情報:
2016-20018811.10.2016JP
発明の名称: (EN) FLUORESCENT BODY AND PRODUCTION METHOD THEREFOR, AND LIGHT-EMITTING DEVICE
(FR) CORPS FLUORESCENT, PROCÉDÉ POUR SA PRODUCTION ET DISPOSITIF ÉLECTROLUMINESCENT
(JA) 蛍光体とその製造方法、及び発光装置
要約:
(EN) A fluorescent body according to one embodiment of the present invention is a europium-activated alkaline earth chlorapatite fluorescent body having a compositional makeup represented by composition formula: (M1-xEux)5(PO4)3Cl (where M is an alkaline earth element that includes at least Sr and Ba, and x represents an atomic ratio that satisfies 0.04≤x≤0.2). In this fluorescent body, the absorptivity to light of a wavelength of 400 nm is 90% or higher, and the absorptivity to light of a wavelength of 650 nm is 2% or lower.
(FR) Un corps fluorescent selon un mode de réalisation de la présente invention est un corps fluorescent de chloroapatite alcalino-terreux activé à l'europium présentant une constitution compositionnelle représentée par la formule de composition : (M1-xEux)5(PO4)3Cl (où M représente un élément alcalino-terreux qui comprend au moins Sr et Ba et x représente un rapport atomique qui satisfait à 0,04 ≤ x ≤ 0,2). Dans ce corps fluorescent, l'absorptivité à la lumière d'une longueur d'onde de 400 nm est de 90 % ou plus et l'absorptivité à la lumière d'une longueur d'onde de 650 nm est de 2 % ou moins.
(JA) 実施形態の蛍光体は、組成式:(M1-xEu(POCl(Mは少なくともSr及びBaを含むアルカリ土類元素、xは0.04≦x≦0.2を満足する原子比である)で表される組成を有するユーロピウム付活アルカリ土類クロロアパタイト蛍光体である。実施形態の蛍光体において、波長400nmの光に対する吸収率が90%以上であり、かつ波長650nmの光に対する吸収率が2%以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)