このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018070249) タイヤサイドウォールゴム部材の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/070249 国際出願番号: PCT/JP2017/034970
国際公開日: 19.04.2018 国際出願日: 27.09.2017
IPC:
C08J 3/20 (2006.01) ,B60C 1/00 (2006.01) ,C08K 3/04 (2006.01) ,C08K 3/06 (2006.01) ,C08K 3/22 (2006.01) ,C08K 5/09 (2006.01) ,C08K 5/098 (2006.01) ,C08K 5/101 (2006.01) ,C08K 5/20 (2006.01) ,C08L 9/00 (2006.01) ,C08L 91/06 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
20
重合体と添加剤との混合,例.着色
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
1
化学的な組成または組成物の物理的配列または混合により特徴づけられるタイヤ
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
04
炭素
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
02
元素
06
いおう
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
18
酸素含有化合物,例.金属カルボニル
20
酸化物;水酸化物
22
金属の
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
09
カルボン酸;その金属塩;その無水物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
09
カルボン酸;その金属塩;その無水物
098
カルボン酸の金属塩
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
10
エステル;エーテルエステル
101
モノカルボン酸の
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
16
窒素含有化合物
20
カルボン酸アミド
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
9
共役ジエン炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
91
油,脂肪またはワックスの組成物;その誘導体の組成物
06
ワックス
出願人:
TOYO TIRE株式会社 TOYO TIRE CORPORATION [JP/JP]; 兵庫県伊丹市藤ノ木2丁目2番13号 2-2-13 Fujinoki, Itami-shi, Hyogo 6640847, JP
発明者:
栗原 明恵 KURIHARA, Akie; JP
代理人:
蔦田 正人 TSUTADA, Masato; JP
中村 哲士 NAKAMURA, Satoshi; JP
富田 克幸 TOMITA, Katsuyuki; JP
有近 康臣 ARICHIKA, Yasuomi; JP
前澤 龍 MAEZAWA, Ryo; JP
水鳥 正裕 MIZUTORI, Masahiro; JP
蔦田 璋子 TSUTADA, Akiko; JP
優先権情報:
2016-20288614.10.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING TIRE SIDEWALL RUBBER MEMBER
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ÉLÉMENT EN CAOUTCHOUC DE FLANC
(JA) タイヤサイドウォールゴム部材の製造方法
要約:
(EN) A method for producing a tire sidewall rubber member according to an embodiment comprises: a first kneading step for producing a first kneaded product by kneading a diene-based rubber, carbon black, a compound represented by formula (I) (wherein R1 and R2 each represent a hydrogen atom, an alkyl group, an alkenyl group or an alkynyl group, and M+ is Na+, K+ or Li+), and zinc oxide; and a second kneading step for adding a wax and/or stearic acid to said first kneaded product and kneading the same. Thus, low heat-generating properties are improved while suppressing the deterioration of tear resistance.
(FR) La présente invention concerne un procédé de production d'un élément en caoutchouc de flanc de pneu qui comprend, selon un mode de réalisation : une première étape de malaxage pour produire un premier produit malaxé par malaxage d'un caoutchouc à base de diène, de noir de carbone, d'un composé représenté par la formule (I) (dans laquelle R1 et R2 représentent chacun un atome d'hydrogène, un groupe alkyle, un groupe alcényle ou un groupe alcynyle, et M+ est Na+, K+ ou Li+), et de l'oxyde de zinc; et une seconde étape de malaxage pour l'ajout d'une cire et/ou d'acide stéarique au dit premier produit malaxé et le malaxage. Ainsi, les propriétés de faible génération de chaleur sont améliorées tout en supprimant la détérioration de la résistance à la déchirure.
(JA) 実施形態に係るタイヤサイドウォールゴム部材の製造方法は、ジエン系ゴム、カーボンブラック、下記式(I)で表される化合物(式中、R,Rは、水素原子、アルキル基、アルケニル基又はアルキニル基を示し、MはNa,K,Li)、及び亜鉛華を混練して第1混練物を作製する第1混練工程と、前記第1混練物にワックス及び/又はステアリン酸を添加し混練する第2混練工程と、を含むものである。これにより、耐引き裂き性の悪化を抑制しつつ低発熱性を向上する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)