このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018070180) プロペラシャフト及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/070180 国際出願番号: PCT/JP2017/033232
国際公開日: 19.04.2018 国際出願日: 14.09.2017
IPC:
F16D 1/02 (2006.01) ,B23B 5/12 (2006.01) ,F16C 3/03 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
1
2つの同心軸または他の可動機械要素を固定的に結合する継ぎ手
02
2つの接する軸またはそれに類似するものを結合するためのもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
5
特定の加工のために特に適合した旋削機械または旋削装置;そのための付属装置
08
車軸,棒,ロッド,管,ロールを旋削するもの,すなわち車軸旋盤,ロール旋盤;心なし旋削
12
工作物のまわりに配置した切削バイトによって棒または管の皮むきをするもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
3
軸;車軸;クランク,偏心輪
02
軸;車軸
03
入れ子式のもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
穐田 康史 AKITA, Yasushi; JP
横山 和久 YOKOYAMA, Kazuhisa; JP
石倉 健一郎 ISHIKURA, Kenichiro; JP
下田 達也 SHIMODA, Tatsuya; JP
代理人:
小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi; JP
富岡 潔 TOMIOKA, Kiyoshi; JP
高嶋 一彰 TAKASHIMA, Kazuaki; JP
優先権情報:
2016-19981011.10.2016JP
発明の名称: (EN) PROPELLER SHAFT AND PRODUCTION METHOD FOR SAME
(FR) ARBRE DE ROUE À AUBES ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION ASSOCIÉ
(JA) プロペラシャフト及びその製造方法
要約:
(EN) According to the present invention, a low-surface-roughness part (114a) is formed at a first tapered part (114), and, as a result, the roughness of an opening edge of a groove part (113a) of a female spline part (113) that opens at the first tapered part (114) is reduced, and surface pressure applied by the opening edge to a tooth part (123b) of a male spline part (123) can be reduced. As a result, the opening edge of the groove part (113a) of the female spline part (113) can be kept from digging into the tooth part (123b) of the male spline part (123), and variation, between products, in the insertion load of a second shaft part (12) can be suppressed.
(FR) Selon la présente invention, une partie à faible rugosité de surface (114a) est formée au niveau d'une première partie tronconique (114) et, en conséquence, la rugosité d'un bord d'ouverture d'une partie rainure (113a) d'une partie cannelure femelle (113) qui s'ouvre au niveau de la première partie tronconique (114) est réduite, et la pression de surface appliquée par le bord d'ouverture sur une partie dent (123b) d'une partie cannelure mâle (123) peut être réduite. Par conséquent, il est possible d’empêcher le bord d'ouverture de la partie rainure (113a) de la partie cannelure femelle (113) de s'enfoncer dans la partie dent (123b) de la partie cannelure mâle (123), et la variation, entre des produits, dans la charge d'insertion d'une seconde partie arbre (12) peut être supprimée.
(JA) 第1テーパ部(114)に低表面粗さ部(114a)を形成したことで、第1テーパ部(114)に開口する雌スプライン部(113)の溝部(113a)の開口縁に形成される凹凸が低減され、この開口縁による雄スプライン部(123)の歯部(123b)への面圧を低減することができる。その結果、雌スプライン部(113)の溝部(113a)の開口縁による雄スプライン部(123)の歯部(123b)への食い込みが抑制され、製品ごとの第2軸部(12)の挿入荷重のばらつきを抑制することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)