このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018066628) 金属化合物-グラフェンオキサイド複合体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/066628 国際出願番号: PCT/JP2017/036218
国際公開日: 12.04.2018 国際出願日: 05.10.2017
IPC:
B01J 35/02 (2006.01) ,B01J 23/75 (2006.01) ,B01J 23/755 (2006.01) ,B01J 27/051 (2006.01) ,B01J 37/34 (2006.01) ,C01B 3/04 (2006.01) ,C01B 3/22 (2006.01) ,C01B 32/198 (2017.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
74
鉄族金属
75
コバルト
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
74
鉄族金属
755
ニッケル
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
02
硫黄,セレンまたはテルル;その化合物
04
硫化物
047
クロム,モリブデン,タングステンまたはポロニウムを有するもの
051
モリブデン
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
37
触媒調製のためのプロセス一般;触媒の活性化のためのプロセス一般
34
電気,磁気または波動エネルギー,例.超音波,の照射または適用
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
04
無機化合物,例.アンモニア,の分解によるもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
22
気体または液体有機化合物の分解によるもの
[IPC code unknown for C01B 32/198]
出願人:
学校法人関西学院 KWANSEI GAKUIN EDUCATIONAL FOUNDATION [JP/JP]; 兵庫県西宮市上ケ原一番町1番155号 1-155, Uegahara-Ichibancho, Nishinomiya-shi, Hyogo 6628501, JP
富士化学工業株式会社 FUJI CHEMICAL INDUSTRIES CO., LTD. [JP/JP]; 富山県中新川郡上市町横法音寺55番地 55, Yokohoonji, Kamiichi-machi, Nakaniikawa-gun, Toyama 9300397, JP
発明者:
橋本 秀樹 HASHIMOTO, Hideki; JP
磯邉 清 ISOBE, Kiyoshi; JP
堀部 智子 HORIBE, Tomoko; JP
世良 佳彦 SERA, Yoshihiko; JP
山下 栄次 YAMASHITA, Eiji; JP
代理人:
田中 順也 TANAKA, Junya; JP
水谷 馨也 MIZUTANI, Keiya; JP
迫田 恭子 SAKODA, Kyoko; JP
優先権情報:
2016-19763405.10.2016JP
発明の名称: (EN) METAL COMPOUND – GRAPHENE OXIDE COMPLEX
(FR) COMPLEXE DE COMPOSÉ MÉTALLIQUE ET D’OXYDE DE GRAPHÈNE
(JA) 金属化合物-グラフェンオキサイド複合体
要約:
(EN) Provided is a novel metal compound-graphene oxide composite that can be used for manufacture of hydrogen. A composite of graphene oxide and at least one metal compound selected from the group consisting of cobalt compounds, nickel compounds, and molybdenum compounds, wherein: if the metal compound includes a cobalt compound or a nickel compound, in the infrared absorption spectrum of the complex, absorption derived from C-O groups is present, and absorptions derived from O-H groups and C=O groups and absorption derived from bonds between graphene oxide and cobalt or nickel via oxygen atoms are essentially absent; and if the metal compound is a molybdenum compound, in the infrared absorption spectrum of the complex, absorptions derived from C-O groups, O-H groups, and C=O groups, and absorption derived from bonds between graphene oxide and cobalt or nickel via oxygen atoms, are all essentially absent.
(FR) L’invention fournit un nouveau complexe de composé métallique et d’oxyde de graphène qui permet d’être mis en œuvre dans la fabrication d’un hydrogène. Plus précisément, l’invention concerne un complexe à base d’au moins une sorte de composé métallique choisie dans un groupe constitué d’un composé cobalt, d’un composé nickel et d’un composé molybdène, et d’un oxyde de graphène. Ce complexe de composé métallique et d’oxyde de graphène est tel que lorsque ledit composé métallique contient un composé cobalt ou un composé nickel, il y a absorption dérivée d’un groupe C-O, et il n’y a pas de manière pratique d’absorption dérivée d’un groupe O-H et d’un groupe C=O, ni d’absorption dérivée d’une liaison entre un oxyde de graphène et un cobalt ou un nickel avec un atome d’oxygène pour intermédiaire, dans un spectre d’absorption dans l’infrarouge du complexe, et lorsque ledit composé métallique consiste en un composé molybdène, il n’y a de manière pratique aucune absorption dérivée d’un groupe C-O, d’un groupe O-H et d’un groupe C=O, ni absorption dérivée d’une liaison entre un oxyde de graphène et un molybdène avec un atome d’oxygène pour intermédiaire, dans le spectre d’absorption dans l’infrarouge du complexe.
(JA) 水素の製造に使用することができる、新規な金属化合物-グラフェンオキサイド複合体を提供する。 コバルト化合物、ニッケル化合物、及びモリブデン化合物からなる群より選択される少なくとも1種の金属化合物と、グラフェンオキサイドとの複合体であって、 前記金属化合物が、コバルト化合物またはニッケル化合物を含む場合には、当該複合体の赤外吸収スペクトルにおいて、C-O基に由来する吸収が存在し、かつ、O-H基及びC=O基に由来する吸収、並びに酸素原子を介したグラフェンオキサイドとコバルトまたはニッケルとの結合に由来する吸収が、実質的に存在せず、 前記金属化合物が、モリブデン化合物である場合には、当該複合体の赤外吸収スペクトルにおいて、C-O基、O-H基、及びC=O基に由来する吸収、並びに酸素原子を介したグラフェンオキサイドとモリブデンとの結合に由来する吸収が、いずれも実質的に存在しない、金属化合物-グラフェンオキサイド複合体。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)