このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018062515) プレコート金属板
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/062515 国際出願番号: PCT/JP2017/035572
国際公開日: 05.04.2018 国際出願日: 29.09.2017
IPC:
B32B 15/08 (2006.01) ,B32B 15/095 (2006.01) ,C09D 5/00 (2006.01) ,C09D 7/12 (2006.01) ,C09D 175/04 (2006.01) ,C09D 201/00 (2006.01) ,C23C 2/06 (2006.01) ,C23C 28/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
095
ポリウレタンからなるもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
7
グループ5/00に分類されない塗料組成物の特色
12
他の添加物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリウレタン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
201
不特定の高分子化合物に基づくコーティング組成物
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
06
亜鉛もしくはカドミウムまたはそれらを基とする合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
出願人:
新日鐵住金株式会社 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
古川 博康 FURUKAWA Hiroyasu; JP
高橋 通泰 TAKAHASHI Michiyasu; JP
井上 郁也 INOUE Ikuya; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
寺本 光生 TERAMOTO Mitsuo; JP
勝俣 智夫 KATSUMATA Tomoo; JP
山口 洋 YAMAGUCHI Yoh; JP
優先権情報:
2016-19343630.09.2016JP
発明の名称: (EN) PRECOATED METAL SHEET
(FR) FEUILLE MÉTALLIQUE PRÉ-REVÊTUE
(JA) プレコート金属板
要約:
(EN) A precoated metal sheet comprises a plated metal sheet, a primer layer formed on the surface of the plated metal sheet, and an upper coating formed on the surface of the primer layer. The primer layer comprises a binder resin and pigment particles comprising a vanadium compound and a magnesium compound. When the region of a film thickness direction cross-section of the primer layer within 1.0 µm in the film thickness direction from the interface between the plated metal sheet and the primer layer is observed by EPMA mapping, there are no regions in which the detected vanadium element concentration is less than 0.6% that are continuous for 2.0 µm or more in directions perpendicular to the film thickness direction, and there are no regions in which the detected magnesium element concentration is less than 3.0% that are continuous for 2.0 µm or more in directions perpendicular to the film thickness direction.
(FR) Feuille métallique pré-revêtue comprenant une feuille métallique plaquée, une couche d'apprêt formée sur la surface de la feuille métallique plaquée, et un revêtement supérieur formé sur la surface de la couche d'apprêt. La couche d'apprêt comprend une résine liante et des particules de pigment comprenant un composé de vanadium et un composé de magnésium. Lorsque la région d'une section transversale dans le sens de l'épaisseur de film de la couche d'apprêt dans les 1,0 µm dans le sens de l'épaisseur de film à partir de l'interface entre la feuille métallique plaquée et la couche d'apprêt est observée par mappage EPMA, il n'y a pas de régions dans lesquelles la concentration d'élément de vanadium détectée est inférieure à 0,6 % qui sont continues pendant 2,0 µm ou plus dans des directions perpendiculaires au sens de l'épaisseur de film, et il n'y a pas de régions dans lesquelles la concentration d'élément de magnésium détectée est inférieure à 3,0 % qui sont continues pendant 2,0 µm ou plus dans des directions perpendiculaires au sens de l'épaisseur de film.
(JA) このプレコート金属板は、めっき金属板と、前記めっき金属板の表面に形成されたプライマー層と、前記プライマー層の表面に形成された上層皮膜とを有し、前記プライマー層が、バインダー樹脂と、バナジウム化合物及びマグネシウム化合物を含む顔料粒子とを含み、前記プライマー層の膜厚方向の断面の、前記めっき金属板と前記プライマー層との界面から前記膜厚方向に1.0μm以内の領域を、EPMAマッピングにより観察したとき、バナジウム元素の検出濃度が0.6%未満である領域が前記膜厚方向と垂直な方向に2.0μm以上連続して存在せず、かつ、マグネシウム元素の検出濃度が3.0%未満である領域が前記膜厚方向と垂直な方向に2.0μm以上連続して存在しない。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)