このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018062267) 構造物上の塗膜、塗膜を形成するための塗料セット及び下塗層用塗料並びに塗工方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/062267 国際出願番号: PCT/JP2017/034951
国際公開日: 05.04.2018 国際出願日: 27.09.2017
IPC:
C09D 201/00 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,C09D 5/00 (2006.01) ,C09D 5/16 (2006.01) ,C09D 5/20 (2006.01) ,C09D 183/04 (2006.01) ,E02B 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
201
不特定の高分子化合物に基づくコーティング組成物
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
16
防汚ペイント;水中ペイント
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
20
可はく離性塗料,例.凝集フィルムとして剥がすことが可能な一時的な塗膜のための塗料
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
183
主鎖のみに,いおう,窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにけい素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリシロキサン
E 固定構造物
02
水工;基礎;土砂の移送
B
水工
1
水工一般についての設備または装置あるいは方法
出願人:
日東電工株式会社 NITTO DENKO CORPORATION [JP/JP]; 大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号 1-2, Shimohozumi 1-chome, Ibaraki-shi, Osaka 5678680, JP
発明者:
鈴木 聡 SUZUKI Satoru; JP
小川 知哉 OGAWA Tomoya; JP
内藤 友也 NAITO Tomonari; JP
倉田 直記 KURATA Naoki; JP
吉江 里美 YOSHIE Satomi; JP
長尾 浩平 NAGAO Kohei; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
▲吉▼田 和彦 YOSHIDA Kazuhiko; JP
大塚 文昭 OHTSUKA Fumiaki; JP
西島 孝喜 NISHIJIMA Takaki; JP
須田 洋之 SUDA Hiroyuki; JP
上杉 浩 UESUGI Hiroshi; JP
近藤 直樹 KONDO Naoki; JP
優先権情報:
2016-19140129.09.2016JP
発明の名称: (EN) COATING FILM FOR STRUCTURE, COATING MATERIAL SET FOR FORMING COATING FILM, COATING MATERIAL FOR UNDERCOAT LAYER, AND COATING METHOD
(FR) FILM DE REVÊTEMENT POUR STRUCTURE, ENSEMBLE DE MATÉRIAU DE REVÊTEMENT POUR FORMER UN FILM DE REVÊTEMENT, MATÉRIAU DE REVÊTEMENT POUR SOUS-COUCHE ET PROCÉDÉ DE REVÊTEMENT
(JA) 構造物上の塗膜、塗膜を形成するための塗料セット及び下塗層用塗料並びに塗工方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a coating film which is removable in a sheet and makes removing easy, and is not susceptible to peeling even when used for a long period of time on an underwater structure. Provided is a coating film that comprises an undercoat layer that adheres to an underwater structure, and an antifouling layer that adheres to the undercoat layer. The degree of peeling of the coating film underwater at a constant load of 100 grams is less than 5 (mm/20mm), and the ratio of the tensile rupture strength (N/20mm) after submersion for 5 weeks in 60°C pure water relative to the adhesive force (N/20mm) with the underwater structure is 1.5 or greater. The degree of stretching and peeling of a 1 mm square crosscut piece of the antifouling layer with respect to the undercoat layer is 0.05 or lower.
(FR) Le but de la présente invention concerne un film de revêtement qui est amovible en une feuille et qui facilite l'enlèvement et n'est pas susceptible de s'enlever même lorsqu'il est utilisé pendant une longue période de temps sur une structure subaquatique. L'invention concerne un film de revêtement qui comprend une sous-couche qui adhère à une structure subaquatique et une couche antisalissure qui adhère à la sous-couche. Le degré d'élimination du film de revêtement sous l'eau à une charge constante de 100 grammes est inférieur à 5 (mm/20 mm) et le rapport de la résistance à la rupture par traction (N/20 mm) après immersion pendant 5 semaines dans de l'eau pure à 60°C à la force adhésive (N/20 mm) avec la structure subaquatique est de 1,5 ou plus. Le degré d'étirement et d'élimination d'une pièce carrée coupée transversalement de 1 mm de la couche antisalissure par rapport à la sous-couche est de 0,05 ou moins.
(JA) 本発明の目的は、シート剥離可能で、除去作業を容易にすると共に、水中構造物において長時間使用しても剥離しにくい塗膜を提供することにある。 水中構造物に接着する下塗層と、下塗層に接着する防汚層とを備え、100グラム水中定荷重剥離度が、5(mm/20mm)未満であり、60℃の純水に5週間浸漬した後における引張破断強度(N/20mm)の、水中構造物との接着力(N/20mm)に対する比率が、1.5以上であり、防汚層の下塗層に対する1mm四方クロスカット延伸剥離度が、0.05以下であることを特徴とする塗膜を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)