このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018062178) ジホスホメバロン酸デカルボキシラーゼ変異体、及びそれを用いたオレフィン化合物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/062178 国際出願番号: PCT/JP2017/034739
国際公開日: 05.04.2018 国際出願日: 26.09.2017
IPC:
C12P 5/02 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/88 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 21/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
5
炭化水素の製造
02
非環式のもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
88
付加酵素(4.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
21
ペプチドまたは蛋白質の製造
02
2以上のアミノ酸の結合順序が既知のもの,例.グルタチオン
出願人:
国立研究開発法人理化学研究所 RIKEN [JP/JP]; 埼玉県和光市広沢2番1号 2-1, Hirosawa, Wako-shi, Saitama 3510198, JP
日本ゼオン株式会社 ZEON CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番2号 6-2, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008246, JP
横浜ゴム株式会社 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区新橋5丁目36番11号 36-11, Shimbashi 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1058685, JP
発明者:
折下 涼子 ORISHIMO Ryoko; JP
白井 智量 SHIRAI Tomokazu; JP
高橋 和弘 TAKAHASHI Kazuhiro; JP
日座 操 HIZA Misao; JP
田邊 祐介 TANABE Yusuke; JP
代理人:
特許業務法人セントクレスト国際特許事務所 CENTCREST IP ATTORNEYS; 東京都中央区京橋2‐8‐21 喜久家ビル9階 Kikuya Bldg. 9th Floor, 2-8-21, Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo 1040031, JP
優先権情報:
2016-18926928.09.2016JP
発明の名称: (EN) DIPHOSPHOMEVALONATE DECARBOXYLASE VARIANT AND METHOD FOR PRODUCING OLEFIN COMPOUND USING SAME
(FR) VARIANTE DE LA DIPHOSPHOMÉVALONATE DÉCARBOXYLASE ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN COMPOSÉ OLÉFINIQUE L'UTILISANT
(JA) ジホスホメバロン酸デカルボキシラーゼ変異体、及びそれを用いたオレフィン化合物の製造方法
要約:
(EN) In the present invention, mutations involving amino acid substitution were introduced into various locations of diphosphomevalonate decarboxylase (MVD), and many variants of MVD were prepared. Then, regarding the variants, an enzymatic activity for the generation of an olefin compound such as isoprene was evaluated. The results revealed that substitution of glycine at position 152 with another amino acid improves the enzymatic activity. Moreover, the enzymatic activity was found to be high for an MVD where, besides position 152, arginine at position 74 and threonine at position 209 are individually replaced with other amino acids.
(FR) Dans la présente invention, des mutations impliquant une substitution d'acides aminés ont été introduites dans divers emplacements de la diphosphomévalonate décarboxylase (MVD), et de nombreuses variantes de MVD ont été préparées. Ensuite, concernant les variantes, une activité enzymatique pour la génération d'un composé oléfinique tel que l'isoprène a été évaluée. Les résultats ont révélé que la substitution de la glycine en position 152 avec un autre acide aminé améliore l'activité enzymatique. De plus, l'activité enzymatique s'est avérée être élevée pour une MVD où, outre la position 152, l'arginine en position 74 et la thréonine en position 209 sont remplacées individuellement par d'autres acides aminés.
(JA) ジホスホメバロン酸デカルボキシラーゼ(MVD)の様々な部位に、アミノ酸置換を伴う変異を導入し、MVDの変異体を多数調製した。そして、それら変異体について、イソプレン等のオレフィン化合物の生成に関する触媒活性を評価した結果、152位のグリシンが他のアミノ酸に置換されることによって、前記触媒活性が向上することを見出した。また、152位の他、更に74位のアルギニン及び209位のスレオニンが各々他のアミノ酸に置換されたMVDも、高い前記触媒活性を有していることを明らかにした。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)