このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018062138) コンクリートキャスク
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/062138 国際出願番号: PCT/JP2017/034661
国際公開日: 05.04.2018 国際出願日: 26.09.2017
IPC:
G21C 19/32 (2006.01) ,G21F 5/10 (2006.01) ,G21F 9/36 (2006.01)
G 物理学
21
核物理;核工学
C
原子炉
19
原子炉内,例.その圧力容器内,で使用される燃料またはその他の物資の処理,取扱い,または取扱いを容易にするための構成
32
放射性物体または物質を原子炉の取出し領域から,例.貯蔵所へ,移送するための装置;放射性物体または材料を貯蔵所内で取り扱うかまたは貯蔵所から取り出す装置
G 物理学
21
核物理;核工学
F
X線,ガンマ線,微粒子線または粒子衝撃に対する防護;放射能汚染物質の処理;そのための汚染除去装置
5
輸送または持運び可能な遮へい容器
06
容器の細部または付属品
10
熱除去システム,例.循環流体または冷却フインを用いるもの
G 物理学
21
核物理;核工学
F
X線,ガンマ線,微粒子線または粒子衝撃に対する防護;放射能汚染物質の処理;そのための汚染除去装置
9
放射性汚染物質の処理;そのための汚染除去装置
28
固体の処理
34
固体廃棄物処分
36
かん詰によるもの;包装によるもの
出願人:
日立造船株式会社 HITACHI ZOSEN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目7番89号 7-89, Nanko-kita 1-chome, Suminoe-ku, Osaka-shi, Osaka 5598559, JP
発明者:
荒井 浩成 ARAI Hiroaki; JP
岡田 啓介 OKADA Keisuke; JP
後藤 将徳 GOTO Masanori; JP
代理人:
特許業務法人森本国際特許事務所 MORIMOTO INT'L PATENT OFFICE; 大阪府大阪市西区靭本町1丁目11番7号信濃橋三井ビルディング3階 SHINANOBASHI MITSUI BLDG. 3rd Floor, 11-7, Utsubohonmachi 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500004, JP
優先権情報:
2016-19238630.09.2016JP
発明の名称: (EN) CONCRETE CASK
(FR) FÛT EN BÉTON
(JA) コンクリートキャスク
要約:
(EN) Provided is a concrete cask whereby stress corrosion cracking (SCC) in a lid welded part of a canister can be suppressed. A concrete cask 10 having: a metal canister 2 in which spent fuel is accommodated; a concrete container body 1 for accommodating the canister 2 therein; a cooling passage 3 provided between the external peripheral surface of the canister 2 and the internal peripheral surface of the container body 1, and through which air for cooling the external peripheral surface of the canister 2 is passed; and a top space 6 provided between a top surface part of the canister 2 and the inside of a lid part 1a of the container body 1. A straightening plate 11 is provided for suppressing introduction of air rising through the cooling passage 3 to the top space 6.
(FR) L'invention concerne un fût en béton grâce auquel la fissuration par corrosion sous contrainte (SCC) dans une partie couvercle soudée d'un récipient peut être supprimée. Un fût en béton (10) comprend : une cartouche métallique (2) dans laquelle un combustible usé est reçu ; un corps de récipient en béton (1) destiné à recevoir la cartouche (2) en son sein ; un passage de refroidissement disposé entre la surface périphérique externe de la cartouche et la surface périphérique interne du corps de récipient (1), et à travers lequel l'air destiné à refroidir la surface périphérique externe de la cartouche (2) est passé ; et un espace supérieur (6) disposé entre une partie surface supérieure de la cartouche (2) et l'intérieur d'une partie couvercle (1a) du corps de récipient (1). Une plaque de redressement (11) permet de supprimer l'introduction d'air s'élevant à travers le passage de refroidissement (3) jusqu'à l'espace supérieur (6).
(JA) キャニスタの蓋溶接部において応力腐食割れ(SCC)が生じることを抑制できるコンクリートキャスクを提供する。使用済燃料が収容されている金属製のキャニスタ2と、このキャニスタ2を内部に収容するコンクリート製の容器本体1と、キャニスタ2の外周面と容器本体1の内周面との間に設けられてキャニスタ2の外周面を冷却する空気が通される冷却通路3と、キャニスタ2の上面部と容器本体1の蓋部1a内側との間に設けられた上部空間6と、を有するコンクリートキャスク10である。冷却通路3を上昇する空気が上部空間6に導かれることを抑制する整流板11が設けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)