このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018061751) エアバッグリッドおよびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/061751 国際出願番号: PCT/JP2017/032899
国際公開日: 05.04.2018 国際出願日: 12.09.2017
予備審査請求日: 10.07.2018
IPC:
B60R 21/2165 (2011.01) ,B60R 21/205 (2011.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
215
膨張可能な部材のカバーに特徴のあるもの
2165
開口部を規定するテアラインに特徴のあるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
20
膨張可能な部材を不使用時又は収縮時保管するための装置;エアバッグモジュール若しくはその構成部品の配置又はそれらの取付
205
ダッシュボードにおけるもの
出願人:
カルソニックカンセイ株式会社 CALSONIC KANSEI CORPORATION [JP/JP]; 埼玉県さいたま市北区日進町二丁目1917番地 2-1917, Nisshin-cho, Kita-ku, Saitama-shi, Saitama 3318501, JP
発明者:
平城 俊治 HIRAKI, Shunji; JP
初見 賢治 HATSUMI, Kenzi; JP
関澤 孝浩 SEKIZAWA, Takahiro; JP
工藤 崇 KUDOU, Takashi; JP
代理人:
弁護士法人クレオ国際法律特許事務所 CREO LAW & INTELLECTUAL PROPERTY; 東京都中央区八重洲一丁目4番16号 東京建物八重洲ビル2階 Tokyo Tatemono Yaesu Bldg. 2F, 4-16, Yaesu 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030028, JP
優先権情報:
2016-18770027.09.2016JP
発明の名称: (EN) AIRBAG LID AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
(FR) COUVERCLE DE COUSSIN DE SÉCURITÉ GONFLABLE ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) エアバッグリッドおよびその製造方法
要約:
(EN) The main purpose of the present invention is to allow an improvement in the positional accuracy of a reinforcing member with respect to a split line. The present invention relates to an airbag lid (4) comprising: an airbag lid body (7) that is formed with a positional reference portion (23) and a split line (6), the relative position of which with respect to the positional reference portion (23) is defined; and a reinforcing member (8) which is mounted to the airbag lid body (7) and surrounds the split line (6). The reinforcing member (8) is positioned by the positional reference portion (23).
(FR) Le but principal de l'invention est de permettre une amélioration de la précision positionnelle d'un élément de renforcement par rapport à une ligne de division. La présente invention concerne un couvercle de coussin de sécurité gonflable (4) comprenant : un corps de couvercle de coussin de sécurité gonflable (7) qui est formé avec une partie de référence positionnelle (23) et une ligne de division (6), dont la position relative par rapport à la partie de référence positionnelle (23) est définie; et un élément de renforcement (8) qui est monté sur le corps de couvercle de coussin de sécurité gonflable (7) et entoure la ligne de division (6). L'élément de renforcement (8) est positionné par la partie de référence positionnelle (23).
(JA) 主に、開裂線に対する補強部材の位置精度を向上させ得るようにする。 位置基準部(23)と、位置基準部(23)に対する相対位置が規定された開裂線(6)と、が形成されたエアバッグリッド本体(7)と、 エアバッグリッド本体(7)に取付けられ、開裂線(6)を囲む補強部材(8)と、 を備えたエアバッグリッド(4)に関する。 補強部材(8)は、位置基準部(23)で位置決めされている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)