国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018061272) メタノール含有量が低減された変性ビニルアルコール系重合体粉末及びその製造方法、並びに水溶性フィルム及び包装体

Pub. No.:    WO/2018/061272    International Application No.:    PCT/JP2017/015126
Publication Date: Fri Apr 06 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Apr 14 01:59:59 CEST 2017
IPC: C08F 216/06
C08F 8/12
C08F 8/16
C08F 222/00
Applicants: KURARAY CO., LTD.
株式会社クラレ
Inventors: NII Shinsuke
新居 真輔
KUMAKI Yosuke
熊木 洋介
HORIGUCHI Junpei
堀口 純平
FUKUHARA Tadahito
福原 忠仁
TANIDA Tatsuya
谷田 達也
Title: メタノール含有量が低減された変性ビニルアルコール系重合体粉末及びその製造方法、並びに水溶性フィルム及び包装体
Abstract:
本発明は、エチレン性不飽和ジカルボン酸の誘導体に由来する構造単位を含有する変性ビニルアルコール系重合体粉末において、粉末中に存在するメタノール含有量が低減され、さらに水に溶解した際の不溶成分の量が微量である、環境に配慮し、工業的に有用な変性ビニルアルコール系重合体粉末及びその製造方法を提供する。本発明は、エチレン性不飽和ジカルボン酸の誘導体(A)に由来する構造単位の含有量(X)が0.05モル%以上10モル%以下であり、けん化度が80.0モル%以上99.9モル%以下である変性ビニルアルコール系重合体粉末であって、前記重合体粉末500mgをヘッドスペースガスクロマトグラフィーで測定した場合のメタノール含有量が0.01重量%以上3.0重量%未満であり、90℃、濃度5重量%の水溶液に不溶な成分の量が0.1ppm以上2000ppm未満である、変性ビニルアルコール系重合体粉末に関する。