このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018056386) IoTデバイス、通信システム、IoTデバイスの制御方法および制御プログラム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/056386 国際出願番号: PCT/JP2017/034177
国際公開日: 29.03.2018 国際出願日: 21.09.2017
IPC:
H04M 11/00 (2006.01) ,G06F 13/00 (2006.01) ,G08C 15/00 (2006.01) ,H04L 12/14 (2006.01) ,H04M 15/00 (2006.01) ,H04W 4/24 (2009.01) ,H04W 88/04 (2009.01)
H 電気
04
電気通信技術
M
電話通信(電話ケーブルを通して他の装置を制御するための回路であって電話機開閉装置に関わらないものG08)
11
他の電気システムとの結合のために特に適合した電話通信方式
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
13
メモリ,入力/出力装置または中央処理ユニットの間の情報または他の信号の相互接続または転送
G 物理学
08
信号
C
測定値,制御信号または類似信号のための伝送方式
15
共通伝送線路で複数の信号を伝送するために多重伝送の使用によって特徴づけられた装置
H 電気
04
電気通信技術
L
デジタル情報の伝送,例.電信通信
12
データ交換ネットワーク
02
細部
14
課金配置
H 電気
04
電気通信技術
M
電話通信(電話ケーブルを通して他の装置を制御するための回路であって電話機開閉装置に関わらないものG08)
15
登算,時間制御または時間表示のための配置
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
4
無線通信ネットワークに特に適合するサービスまたは設備
24
課金処理
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
88
無線通信ネットワークに特に適合する装置,例.端末装置,基地局装置またはアクセスポイント装置
02
端末装置
04
他の端末またはユーザに中継するもの
出願人:
日本電気株式会社 NEC CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区芝五丁目7番1号 7-1, Shiba 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1088001, JP
発明者:
山田 徹 YAMADA Toru; JP
亀井 晃 KAMEI Akira; JP
芹沢 昌宏 SERIZAWA Masahiro; JP
平田 恭二 HIRATA Kyoji; JP
奥山 祐美子 OKUYAMA Yumiko; JP
長谷川 聡 HASEGAWA Satoshi; JP
下間 政志 SHIMOMA Masashi; JP
代理人:
加藤 卓士 KATO Takashi; JP
優先権情報:
2016-18622423.09.2016JP
発明の名称: (EN) IoT DEVICE, COMMUNICATION SYSTEM, METHOD FOR CONTROLLING IoT DEVICE, AND CONTROL PROGRAM
(FR) DISPOSITIF IoT, SYSTÈME DE COMMUNICATION, PROCÉDÉ DE COMMANDE D'UN DISPOSITIF IoT, ET PROGRAMME DE COMMANDE
(JA) IoTデバイス、通信システム、IoTデバイスの制御方法および制御プログラム
要約:
(EN) An IoT device for appropriately performing charging even when relaying data from an IoT device and sending same to a base station, wherein the IoT device is provided with a first transmission means for directly transmitting acquired data to the base station, a second transmission means for transmitting data to a nearby device by short-range communication in order for the data to be transmitted to the base station by being relayed by the nearby device, and a third transmission means for transmitting, to the base station, communication cost defrayer information indicating that the communication cost of the data transmitted by being relayed by the nearby device is defrayed by the user of the IoT device.
(FR) L'invention concerne un dispositif IoT destiné à effectuer une facturation de manière appropriée même lorsque des données provenant d'un dispositif IoT sont relayées et envoyées à une station de base, le dispositif IoT comportant un premier moyen de transmission servant à transmettre directement des données acquises à la station de base, un deuxième moyen de transmission servant à transmettre des données à un dispositif proche par une communication à courte portée afin que les données soient transmises à la station de base en étant relayées par le dispositif proche, et un troisième moyen de transmission servant à transmettre, à la station de base, des informations de défraiement de coût de communication indiquant que le coût de communication des données transmises en étant relayées par le dispositif proche est défrayé par l'utilisateur du dispositif IoT.
(JA) IoTデバイスからのデータを中継して基地局に送る場合にも適切に課金を行なうためのIoTデバイスであって、取得したデータを基地局に対して直接送信する第1送信手段と、近傍デバイスを中継させてデータを前記基地局に送信するため、前記近傍デバイスに対して近距離通信で前記データを送信する第2送信手段と、前記近傍デバイスを中継して送信された前記データについての通信コストをIoTデバイスのユーザが負担することを示す通信コスト負担者情報を、前記基地局に対して送信する第3送信手段と、を備えた。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)