このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018056323) タイヤ用フィルムの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/056323 国際出願番号: PCT/JP2017/033958
国際公開日: 29.03.2018 国際出願日: 20.09.2017
IPC:
B29C 55/28 (2006.01) ,B29C 47/06 (2006.01) ,B29C 47/78 (2006.01) ,B60C 5/14 (2006.01) ,C08L 23/00 (2006.01) ,C08L 53/02 (2006.01) ,C08L 77/00 (2006.01) ,B29K 21/00 (2006.01) ,B29K 77/00 (2006.01) ,B29L 7/00 (2006.01) ,B29L 9/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
55
延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
28
ブローされた管状フィルムの,例.インフレーションによるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
04
多層または多色物品の製造
06
多層物品
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
78
押出される材料または押出された材料の流れの加熱または冷却
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
5
膨張可能な空気入りタイヤまたは内部チューブ
12
別個の膨張できる内装物をもたないもの,例.リムに対して開口する横断面を有するチューブレスタイヤ
14
タイヤの内壁に不透過性ライナーまたはコーティングを有するもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
53
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られる重合体の連鎖を少なくとも1個含有するブロック共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
ビニル芳香族単量体および共役ジエンの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
77
主鎖にカルボン酸アミド結合を形成する反応により得られるポリアミドの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
21
不特定のゴムを成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
77
ポリアミド,例.ポリエステルアミド,を成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
7
板状物品,例.フィルムまたはシート
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
9
積層体
出願人:
横浜ゴム株式会社 THE YOKOHAMA RUBBER CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区新橋5丁目36番11号 36-11, Shimbashi 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1058685, JP
発明者:
友井 修作 TOMOI Shusaku; JP
佐藤 峻 SATO Shun; JP
野間口 強 NOMAGUCHI Tsuyoshi; JP
三田 雅也 MITA Masaya; JP
田中 健 TANAKA Ken; JP
今川 真 IMAGAWA Makoto; JP
高田 賢司 TAKADA Kenji; JP
山田 博 YAMADA Hiroshi; JP
代理人:
清流国際特許業務法人 SEIRYU PATENT PROFESSIONAL CORPORATION; 東京都中央区築地1丁目4番5号 第37興和ビル 37 Kowa Building, 4-5, Tsukiji 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040045, JP
昼間 孝良 HIRUMA, Takayoshi; JP
境澤 正夫 SAKAIZAWA, Masao; JP
優先権情報:
2016-18562023.09.2016JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING FILM FOR TIRE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FILM POUR PNEU
(JA) タイヤ用フィルムの製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for producing a film for a tire, said method making it possible to suppress thermal shrinkage of the film after molding. A method for producing a film 3 for a tire, said film being used in an air-permeation-preventing layer of a pneumatic tire and comprising a thermoplastic elastomer composition in which an elastomer component is dispersed in a thermoplastic resin, wherein the film 3 for a tire, which is molded by inflation molding or cast molding, is heat-treated at a heat treatment temperature that is equal to or greater than the glass transition temperature of the resin having the highest glass transition temperature of the thermoplastic resins included in the film for a tire 3, the film 3 for a tire being heat-treated while in a state wound in a roll together with a liner material 4 that regulates deformation of the film 3 for a tire.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un film pour un pneu, ledit procédé permettant de supprimer le retrait thermique du film après moulage. L'invention concerne un procédé de production d'un film 3 pour un pneu, ledit film étant utilisé dans une couche de prévention de perméation d'air d'un pneu et comprenant une composition d'élastomère thermoplastique dans laquelle un constituant élastomère est dispersé dans une résine thermoplastique, le film 3 pour un pneu, qui est moulé par moulage par gonflage ou moulage par coulée, étant traité thermiquement à une température de traitement thermique qui est égale ou supérieure à la température de transition vitreuse de la résine présentant la température de transition vitreuse la plus élevée des résines thermoplastiques incluses dans le film 3 pour un pneu, le film 3 pour un pneu étant traité thermiquement pendant qu'il se trouve dans un état enroulé dans un rouleau conjointement avec un matériau de revêtement 4 qui régule la déformation du film 3 pour un pneu.
(JA) 成形後のフィルムの熱収縮を抑制することを可能にしたタイヤ用フィルムの製造方法を提供する。熱可塑性樹脂中にエラストマー成分が分散した熱可塑性エラストマー組成物からなり、空気入りタイヤの空気透過防止層に使用されるタイヤ用フィルム3を製造方法するにあたって、インフレーション成形またはキャスト成形によって成形されたタイヤ用フィルム3を、このタイヤ用フィルム3の変形を規制するライナー材4と共にロール状に巻いた状態で、タイヤ用フィルム3に含まれる熱可塑性樹脂のうち最もガラス転移温度が高い樹脂のガラス転移温度以上の熱処理温度で熱処理を行う。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)