国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018056173) 感知器、アイソレータ、警報システム及び制御方法

Pub. No.:    WO/2018/056173    International Application No.:    PCT/JP2017/033311
Publication Date: Fri Mar 30 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Fri Sep 15 01:59:59 CEST 2017
IPC: G08B 29/18
G08B 17/00
Applicants: PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENT CO., LTD.
パナソニックIPマネジメント株式会社
Inventors: OGAWA, Yuki
小川 祐輝
YOSHITSURU, Tomohiro
吉鶴 智博
SUZUKI, Tomohiro
鈴木 智広
TAKAHASHI, Tatsuya
高橋 達也
Title: 感知器、アイソレータ、警報システム及び制御方法
Abstract:
アイソレータの動作に用いられる容量性素子の容量を小さくすることが可能な感知器、アイソレータ、警報システム、制御方法を提供する。感知器(20)は、短絡検知回路(222)と、リレー(221)と、制御部(24)と、を備える。リレー(221)は、電線(31又は32)に挿入される。制御部(24)は、容量性素子に蓄積された電荷によって動作する。制御部(24)は、特定事象の発生の有無を検知するための定常動作を繰り返し行い、短絡検知回路(222)で短絡の発生が検知されたときにリレー(221)の接点部(2211)を開く。リレー(221)は、電線(31,32)間に短絡が発生している時、容量性素子に蓄積された電荷を消費して動作する。制御部(24)は、短絡検知回路(222)で短絡の発生が検知されると、短絡の発生を検知した後の最初の定常動作よりも前に、リレー(221)の接点部(2211)を開く。