国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018055951) 内燃機関のバルブタイミング制御装置及び該バルブタイミング制御装置のシール構造

Pub. No.:    WO/2018/055951    International Application No.:    PCT/JP2017/029261
Publication Date: Fri Mar 30 01:59:59 CEST 2018 International Filing Date: Tue Aug 15 01:59:59 CEST 2017
IPC: F01L 1/352
F01L 1/356
Applicants: HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD.
日立オートモティブシステムズ株式会社
Inventors: IWASE, Yosuke
岩瀬 陽輔
MANAKO, Masato
真子 正登
ITAKURA, Hiroyuki
板倉 寛幸
YAMADA, Yoshihiko
山田 吉彦
Title: 内燃機関のバルブタイミング制御装置及び該バルブタイミング制御装置のシール構造
Abstract:
スプロケット1とカムシャフト2との相対回転位相を変更する電動モータ12と、カバー部材4と、モータハウジング14の外周側に配置されたチェーンケース22と、モータハウジングとチェーンケースとの間をシールするオイルシール42と、を備えている。オイルシールは、外周側の固定部45がカバー本体28の内側面28fとチェーンケースの前端面22bとの間に挟まれた状態でボルト44固定されると共に、モータハウジングの外周面に弾接する環状のシール部46と、を有し、ボルトによって固定される前に、ボルト挿入孔45eを介してオイルシール全体が径方向へ移動可能になっている。これによって、モータハウジングとオイルシールの同軸性を確保して、シール性能の低下を抑制する。