このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018052064) ヌクレオシド誘導体またはその塩、ポリヌクレオチドの合成試薬、ポリヌクレオチドの製造方法、ポリヌクレオチド、および結合核酸分子の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/052064 国際出願番号: PCT/JP2017/033211
国際公開日: 22.03.2018 国際出願日: 14.09.2017
IPC:
C07H 19/20 (2006.01) ,C07K 16/00 (2006.01) ,C12N 9/26 (2006.01) ,C12N 15/115 (2010.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
19
1個の異項原子を糖類基と共有する複素環を含有する化合物;ヌクレオシド;モノヌクレチド;それらのアンヒドロ誘導体
02
窒素を共有するもの
04
異項原子として窒素のみを含有する複素環式基
16
プリン基
20
リン酸またはポリリン酸でエステル化された糖類基を有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
24
グリコシル化合物に作用するもの(3.2)
26
α―1,4グルコシド結合に作用するもの,例.ヒアルロニダーゼ,インベルターゼ,アミラーゼ
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
115
アプタマー、すなわち、ハイブリダイズ以外の手段で、特異的にかつ高親和性で標的分子に結合する核酸
出願人:
NECソリューションイノベータ株式会社 NEC SOLUTION INNOVATORS, LTD. [JP/JP]; 東京都江東区新木場一丁目18番7号 1-18-7, Shinkiba, Koto-ku, Tokyo 1368627, JP
国立大学法人群馬大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION GUNMA UNIVERSITY [JP/JP]; 群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地 4-2, Aramaki-machi, Maebashi-shi, Gunma 3718510, JP
発明者:
皆川 宏貴 MINAGAWA Hirotaka; JP
堀井 克紀 HORII Katsunori; JP
秋冨 穣 AKITOMI Jou; JP
金子 直人 KANEKO Naoto; JP
和賀 巌 WAGA Iwao; JP
▲桑▼原 正靖 KUWAHARA Masayasu; JP
代理人:
辻丸 光一郎 TSUJIMARU Koichiro; JP
中山 ゆみ NAKAYAMA Yumi; JP
伊佐治 創 ISAJI Hajime; JP
優先権情報:
2016-18089415.09.2016JP
PCT/JP2017/02006530.05.2017JP
発明の名称: (EN) NUCLEOSIDE DERIVATIVE OR SALT THEREOF, REAGENT FOR SYNTHESIZING POLYNUCLEOTIDE, METHOD FOR PRODUCING POLYNUCLEOTIDE, POLYNUCLEOTIDE, AND METHOD FOR PRODUCING BINDING NUCLEIC ACID MOLECULE
(FR) DÉRIVÉ NUCLÉOSIDIQUE OU SEL DE CELUI-CI, RÉACTIF POUR LA SYNTHÈSE DE POLYNUCLÉOTIDE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE POLYNUCLÉOTIDE, POLYNUCLÉOTIDE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE MOLÉCULE D'ACIDE NUCLÉIQUE DE LIAISON
(JA) ヌクレオシド誘導体またはその塩、ポリヌクレオチドの合成試薬、ポリヌクレオチドの製造方法、ポリヌクレオチド、および結合核酸分子の製造方法
要約:
(EN) Provided are a novel nucleoside derivative or a salt thereof, a reagent for synthesizing a polynucleotide, a method for producing a polynucleotide, a polynucleotide, and a method for producing a binding nucleic acid molecule. This nucleoside derivative or a salt thereof is characterized by being represented by chemical formula (1). [Chem. 1] In chemical formula (1), Su represents an atomic group having a sugar backbone in the nucleoside residue or an atomic group having a sugar phosphate backbone in the nucleotide residue, which may or may not have a protecting group, L1 and L2 each independently represent a linear or branched saturated or unsaturated hydrocarbon group having 2-10 carbon atoms, X1 and X2 each independently represent an imino group (-NR1-), an ether group (-O-), or a thioether group (-S-), and R1 represents a hydrogen atom or a linear or branched saturated or unsaturated hydrocarbon group having 2-10 carbon atoms.
(FR) L'invention concerne un nouveau dérivé de nucléoside ou un sel de celui-ci, un réactif pour synthétiser un polynucléotide, un procédé de production d'un polynucléotide, un polynucléotide, et un procédé de production d'une molécule d'acide nucléique de liaison. Ce dérivé de nucléoside ou un sel de celui-ci est caractérisé en ce qu'il est représenté par la formule chimique (1). [Chem. 1] Dans la formule chimique (1), Su représente un groupe atomique ayant un squelette de sucre dans le résidu nucléosidique ou un groupe atomique ayant un squelette de phosphate de sucre dans le résidu de nucléotide, qui peut avoir ou non un groupe de protection, L 1 et L 2 représentent chacun indépendamment un groupe hydrocarboné saturé ou insaturé linéaire ou ramifié ayant 2 à 10 atomes de carbone, X 1 et X 2 représentent chacun indépendamment un groupe imino (-NR 1 -), un groupe éther (-O-), ou un groupe thioéther (-S-), et R 1 représente un atome d'hydrogène ou un groupe hydrocarboné saturé ou insaturé linéaire ou ramifié ayant de 2 à 10 atomes de carbone.
(JA) 新たなヌクレオシド誘導体またはその塩、ポリヌクレオチドの合成試薬、ポリヌクレオチドの製造方法、ポリヌクレオチド、および結合核酸分子の製造方法を提供する。 本発明のヌクレオシド誘導体またはその塩は、下記化学式(1)で表されることを特徴とする。 【化1】 前記化学式(1)中、 Suは、ヌクレオシド残基における糖骨格を有する原子団またはヌクレオチド残基における糖リン酸骨格を有する原子団であり、保護基を有しても有しなくてもよく、 LおよびLは、それぞれ独立して、直鎖もしくは分枝状の飽和または不飽和の炭素数2~10の炭化水素基であり、 XおよびXは、それぞれ独立して、イミノ基(-NR-)、エーテル基(-O-)、またはチオエーテル基(-S-)であり、 Rは、水素原子または直鎖もしくは分枝状の飽和もしくは不飽和の炭素数2~10の炭化水素基である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)